FC2ブログ


オーナーの娘 【えっちな告白】

kage

2020/02/01 (Sat)

僕が大学生の頃、コンビニバイトしていた時の話です。

そのコンビニのオーナーには奈々という
まもなく30歳になる娘が居り、奈々は婚約していました。

見た目は雰囲気で言うと元体操の田中理恵さんのような感じで
「いい体」をしていました。

普段は夜シフトの僕は奈々との接点はありませんでしたが、
夏休みには頼まれて昼シフトに入ることがありました。

ある時、昼シフトで上る直前に倉庫のダンボール整理を頼まれて
店の裏にある倉庫で仕事をしました。

「お疲れ様~」そこに奈々が入ってきました。
「あ、お疲れ様で~す」
僕はそう言って挨拶をすると、奈々が手伝うと言い出しました。

僕は脚立に登って棚の上を片付けていると、
下で片付けている奈々の何とも言えないセクシーな胸元が見え、
チラチラと何度も見てしまいました。
(奈々は店の制服を着ていなくTシャツ姿でした)

そしてチラ見に気付いたのか、胸を押さえて見えないようにして
片付けを続け始めました。

何か少し気まずい雰囲気の中、片付けを終えた僕は
「終わったんで、そろそろ帰りますね。」と言って脚立を片付け、
倉庫のドアノブに手をかけました。

するとフッと僕の手に奈々が手を添えました。
「もっと見たくないの?」と後ろから耳元で囁かれました。

そしてすぐに奈々の手は僕の下半身に。
ムクムクと元気になる下半身。

「ウフ、すごいね・・・もうこんなに硬くなってる」
僕は動けず固まっていると、奈々は後ろから
僕のズボンのベルトを緩めボタンを外しチャックを下ろしました。

そしてズボンとパンツを下ろすと
両手で勃起したチ○ポをニギニギしてきました。

たまらず僕は振り返ると、奈々のTシャツを捲って
豊満な乳房に顔を埋めました。

夢中で奈々を押し倒すと、ブラを剥ぎ取り、
乳首をチュウチュウと吸いました。

奈々の呼吸が荒くなってきて、
僕が奈々のズボンを脱がそうとした時、突然

「奈々さーん、ちょっといいですか?」
外からパートの声がしました。

「はーい、すぐ行きます。」
奈々は僕に乳首を吸われながらそう答えると、
「ごめんね」と言って起き上がりました。

ブラを付け、捲れたシャツを元に戻す奈々。
僕は勃起したチ○ポを出したままの情けない姿。

奈々はそのまま出ていこうとしたが、
その気にさせて悪かったのかまた僕に近づき、
「早くイッてね」と言うと、ジュボジュボ音を立ててフェラをしてくれました。

奈々の顔を持ち、僕は腰を振って奈々の口の中に放出しました。
そして何事もなかったかのように奈々は店へ戻って行きました。

それから間もなく、奈々は結婚し店で働くことはなくなりました。

約2年が経ち、大学4年になっていた僕が店を辞める時、
オーナーが食事に連れて行ってくれました。

そこにはオーナーと、あれ以来久しぶりに会う奈々の姿があった。
食事を終えるとオーナーは店に戻ると言い、
奈々に僕を送っていくように言いました。

久しぶりの二人きり、ただ奈々があの事を覚えているような
雰囲気ではなかった。

奈々の乗ってきた軽自動車に乗ると、
車の中で新婚生活の愚痴を笑い話的に漏らし始めました。

そして僕のアパートに着き、僕が車のドアに手を掛けると
運転席側から僕の手をそっと押さえました。

「前にもこんな感じ・・あったね・・」奈々が囁きました。

僕は抑えていた感情が一気に溢れだし、
すぐに振り返って奈々に覆いかぶさり唇を貪りました。

ただ車は狭く、僕が奈々の舌を吸いながら乳房をまさぐっていると
「部屋行こう」と奈々が言いました。

僕は奈々を部屋に招き、お互いに貪り合うような感じで
求め合いました。

奈々は僕の強烈に硬く勃起したチ○ポが忘れられないと言って
フェラをしながら欲しがりました。

ゴムなどなかったのですが、若かった僕には抑えが利きませんでした。
奈々の中に挿入し、腰を振りながら乳房をしゃぶったりキスをしたり・・・

奈々は恍惚の表情でイキそうな僕の腰に両脚を絡めて
「来てーっ!」と言い、そのまま中でドクドクと発射しました。

射精しても興奮が治まらず、抜かずにまた僕は腰を振りました。

奈々は「えっ!?、出来るの?」と驚きましたが
僕が腰を振っているとまた喘ぎだし、
後ろからして欲しいとせがんできました。

バックで突くと「そんなの・・イヤ~っ!」と言いながら
嬉しそうな顔をする奈々を見ると、僕はそこで二度目の発射。

ようやく落ち着き、奈々を腕に抱いてキスをしました。
「出来たらやばいね」と僕が言うと
「大丈夫・・もう妊娠中なの・・・」と奈々。

「あの時あのまましてたら・・こんなふうに乱れて皆にバレてたね。」
と無邪気に笑う奈々が可愛くて、それが一層僕を切ない気持ちにしました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

彼女がコンパニオンのバイトで 【えっちな告白】

kage

2020/01/20 (Mon)

俺の彼女の話。

俺の彼女は今年大学1年になったばかり。
ある日、俺の地元駅で待ち合わせしている時に彼女が遅刻してきた。
理由を尋ねると彼女の地元駅で女二人組につかまりコンパニオン
やらないかと言われ断らずに了承してしまったとのこと。

時給3000円で2時間。スカート・ストッキングで来ること。
これが向こうから言われた条件だった。
バイト当日心配になった俺は待ち合わせしたという駅まで付いて行った。
影からこっそり覗いていると着物を着た女2人が彼女を呼んでいた。
そしてロータリーに止めてあった車に彼女は乗り込んだ。
俺は携帯でメールをし確認すると車内には女の子が一人いるようだ。
さっき声をかけられたばかりの女子高生でスカートを穿いていなかったので
車の中で着替えているらしい。

その女の子も不安らしく、俺の彼女と二人で不安だねとか話していたらしい。
そして、時間になり車は消え、彼女からのメールも来なくなり
俺はバイトが終わるのを待ってメールをしてみることにした。
バイトは夜7時から。9時半くらいにメールを送ったものの返事がない。
2時間って言ってたのに…。俺の胸に不安がよぎった。
彼女から連絡が来たのは11時を過ぎてからだった。
「今、終わった」と一言短いメール。
そのメールが来てから1時間ほどして俺の部屋に彼女はやってきた。

俺がどうだった?と聞くと彼女はバイトのことを話してくれた。
車で連れて行かれたところは料亭みたいなところで
どっかの会社の飲み会でコンパニオンの派遣を頼んだらしい。
人数は20人ほど、声を掛けられた着物女2人の他に5人ほど女の子がいた。
最初は横に付いてお酒をついでいるだけだったけど
お酒が入るにつれてちょっとずつ触ってくるようになったらしい。
太ももを触ってきたり、胸元に手を入れられたりと話す彼女。
そして、へそにピアスを開けていることを話したら見たいと言われ
みんなの前でへそを見せたようだ。
それから上脱いじゃえと言われしばらくはブラ1枚でお酒注いだりしたらしい。
周りでは男に馬乗りになってキスしてる子や服の上から胸を揉まれてる子がいたとのこと。

しばらくそんな感じだったが、突然誰かが俺の彼女のブラをはずしたらしい。
あわてて手で前を隠したが強引に腕をつかまれてはずされた。
脱がされてたのは俺の彼女だけだったらしくそのとたん一気に注目が集まった。
俺の彼女は押しに弱い性格で強引にやられると弱いところがある。
で、誰かが下着が欲しいと言って下着のオークションみたいになったらしい。
勝手な進行で俺の彼女は下着を売るハメになっていた。
そして、みんなの前でアソコを見せてしまったと言う。

その場はそれで終わったらしいのだが
俺の彼女はノリがいいと言うので2次会に強引に連れて行かれたらしい。
そのときには着物のネーちゃんもバイト代2時間6千円だけくれて帰ってしまったとのこと。
彼女の他には1人女の子が2次会に連れていかれたようだ。
その会社の連中も何人かは帰ってしまって女の子合わせて10人くらいで
カラオケボックスに入ったらしい。
1次会ではお酒を飲んでいなかった彼女もお酒を飲まされ酔ってしまったとのこと。
さらに俺の彼女は下着を売ってしまったためノーパンである。
お酒をのんでふにゃっとしてきたところを輪姦されたらしい。
何人にも突っ込まれ全部中で出されたとのこと。
お尻に入れようとしてきたのは断った。フェラはしてこなかった。
という報告を受けました。。。

俺は最初にバイトの話を聞いたとき、彼女がバイトに行っている間は
ほんとに心配でしょうがなかったです。
コンパニオンとか言いながら実はAVの撮影じゃないか?
とか色々想像もしてしまいました。
彼女はまだ18でお酒にも弱いので帰ってきたときはホロ酔い気味でした。
家に来る途中で、一人で歩いてる彼女にまた別の車が付いてきたらしく
俺のマンションの前で彼女が助けての電話してきて外に出ると
工事現場の親父みたいなのにからまれて飯食いに行こうとか誘われてました。
それで慌てて飛び出して追い払った後で、部屋で報告を受けました。
俺と付き合う前に輪姦はないけどいろいろエッチな話を聞いていたので
あまり驚きがなく聞けたと思います。
とは言っても彼女はヤリマンではなく俺が2人目の相手でした。
Bまではたくさんあったみたいですが。

何人とやったかは彼女もよく覚えていないらしくさだかではありません。
1次会ではその会社の社長に気に入られて社長の横にずっといたみたいです。
社長からは彼氏にはこのことは話しちゃダメだと言われたそうです。
その社長が40半ばくらいであとは若い人もいたと言う情報しかありません。
若いやつは不細工のくせに、女の子をお持ち帰りして2次会には来なかったようです。
その持ち帰りした男が一番若く20代前半であとは親父が多かったと言っていたので
30代くらいが多かったのではないでしょうか?
関連記事