FC2ブログ


妻のママ友 【えっちな告白】

kage

2020/03/15 (Sun)

うちの嫁が幼稚園の定例懇親会に出席した際に、

帰りの送迎でクラスの奥さんと知り合いました。

0時過ぎにお迎えのコールがあり、

三次会のシダックスの駐車場で待つこと暫し、

ハイテンションの酔っ払いの嫁達が出てきました。

タクシーやお迎えでそれぞれ家路につくなか、

嫁が4人のママ達とやってきました。

「パァパァ~、みんな送ってくれるぅ~?」    

「お願いしまぁ~すぅ」

嫁が助手席に乗り、シートを3列使い搭乗が完了すると、

酔っ払いに難儀しながら住所を聞き

ナビに経由地をインプットしました。

自宅より遠いママが一人いたので、

かなり遠回りになりそうでした。

車内は奇声と笑い声、酒と化粧と女の香りで充満していて、

検問されたら変な集団かと思われそうでした。

「今日の〇〇ママのお化粧、濃すぎでしょ~」

「ここだけの話△△ママ、彼がいるみたいよ~」

女性はこの手の話が好きみたいです。

3人目のママを降ろして自宅付近に来ると、

嫁が気持ち悪いと言いだしました。

酔って車内であれだけ騒げば当然と思い、

あと一人だから我慢しろと言いましたが、

どうやら真剣みたいで青白い顔です。

少し思案し、嫁を先に降ろすことにしました。

「●●ママごめんねぇ~、先に降りるねぇ~、

うぷっ、おつかれ~、うぷっ」

ヘロヘロな嫁を他のママと二人で玄関に入れると、

車に戻り残ったママを助手席に乗せ発車しました。

しばらく話をしながら運転していると、

奥さんの返答がとぎれとぎれになっているのに気付きました。

奥さんを見ると頭がカクッとなって、

必死に睡魔と戦っているみたいでした。

「疲れたでしょう、寝てしまってもいいですよ。

着いたら起こしますから。」

「いいえ、送って頂いているのに悪いですよ。」

それから数分は頑張っていたみたいな感じでしたが、

信号で停止した時に横を見ると、

すでに顔を外に向けて眠っていました。

普段はあまり他のママ達を凝視したりしませんが、

この時は誰もいないので何度もチラ見をしていました。

胸が結構大きくて路面の段差のショックに合わせて

「プルンプルン」と揺れていました。

谷間を通るシートベルトが乳房を強調させていました。

両手は下腹部の前でハンドバッグを持った形で、

膝丈のスカートから脚が伸びていました。

明るい交差点で停止した時に、差し込んだ照明で

ブラウスのボタンとボタンの隙間から、

刺繍が施されたブラが見えました。

「●●さん?」

声をかけましたが、反応はなく寝息だけが聞こえました。

今度は左手で肩をトントンとしながら

呼び掛けましたが同じでした。

その状況と雰囲気が大胆というか、理性を無くさせたのか

私は運転しながら胸に手を伸ばしました。

ブラウスの上から手の平で軽く触ると、

サラサラとしたブラウスの感触の下に、

やわらかな乳房とブラの刺繍の凹凸がありました。

反応が無いので手の平を軽く押し付けるように揉んでみると、

乳房のムニュっとした感触と体温を感じました。

その時、奥さんの息が少し乱れたので、

咄嗟に手を引きました。

もう止めておこうと思いましたが、

どうしても生乳が触りたくなってしまいました。

慎重を期さなければならないので、運転を止めて

自販機がたくさん並んでいる場所に停車しました。

シートベルトを外し奥さんの方へ向いて、

緊張した右手の指先を自販機からの明かりで見える

ブラウスの隙間に侵入させました。

指先がやわらかくさらっとした肌に触れました。

撫でるように乳房の感触を堪能し、

指先をブラの縁から入れゆっくりと乳首に向かわせました。

指先が乳輪をとらえて、その中心にある

小さめなコロッとした乳首に触れました。

本当は指でつまんでみたかったのですが、
そっと指先で転がしただけで満足しました。

ゆっくりブラウスから指を引き抜き、

また運転に戻ろうとしましたが

スカートからのぞく膝頭が目に入りました。

ストッキングが照明でテラテラと光っていました。

さらなる誘惑に負け、膝の間から手を入れて

ストッキングのサラサラした感触と

ムッチリした太ももを手の平で楽しみました。

その瞬間、

奥さんに手首をガシッと掴まれてしまいました。

!!

私はやっぱりおっぱいで止めておけばと後悔しました。

頭の中はどう弁解しようと、この現状を

どうしようとの考えが交錯してパニック状態です。

そして右手は、奥さんに掴まれたままフリーズ状態です。

沈黙の中、何か言わないとと思いながらも

うまく言葉が出ずにいました。

口火を切ったのは奥さんでした。

「ダメっ!」

「ご、ごめんなさい!」

「ダメっ!」

「本当ごめんなさい!い、いけないと思ったんだけど」

しどろもどろになり必死に弁解をしようとしていると、

奥さんは私の手首を強く握りながら

信じられない事を言ってきました。

「今日はダメっ!」

「……?」

私の前頭葉にいるはずの脳細胞は、かなりのショックを受けて

ダウンしてしまっているので、奥さんの言葉を理解できずにいました。

「だから、今日はダメ!アノ日なの、ここまでね」

「??………??」

予想外の形勢逆転!地獄から天国!死刑から無罪!

ここは畳み掛けて地位保全をしてしまわねばと、

立ち上がりかけた脳細胞を総動員して、

奥さんの言葉を急ピッチで咀嚼する私の口から

何とか出た言葉は

「じゃあ、明日?」

笑いながら奥さんは

「そんなに早く終わらないでしょ!来週末!」

何とか地位保全措置を!

「え~、じゃあおっぱいだけもう一回!」

「ダメ!」

「お願いっ!」

「も~、※※ママに言っちゃうよ~」

と言いながらも奥さんは、ブラウスのボタンを二つ外して

おっぱいを触らせてくれた。

ブラの中で乳房を持ち上げるように揉んで、

硬くなった乳首を指でつまみました。

携番とアドを交換すると、

そそくさとシートベルトをして、奥さんの家に向かいました。

ここでいいと、家の少し手前で車を止めると

奥さんはシートベルトを外し、キスをしてきました。

「じゃあ明日にでも、メールするから!

送ってくれてありがとう!」

奥さんを見届けると、私は浮かれたハンドルさばきで

自宅に向かいました。

自宅に入ると嫁がソファーにもたれていました。

「おかえりぃ~」

また、飲んでるしっ!

「さっき●●ママからメールあったよ~」

どきっ!

「途中で寝ちゃったてぇ~謝ってたよ~!

パパ変な事しなかったでしょうねぇ~?」

「……;」

それから奥さんとは、月に1、2回の頻度で会っている。

会えばセックスする仲だけど、

食事やショッピング、ドライブで終わる時もある。

最初のうちは安全日には生でした事もあったけど、

最近はお互い凄く気が合っていい関係でいる。

だから妊娠とかでごたごたしたくないので

セックスはゴム着用です。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

社内不倫 【エロい体験談】

kage

2019/10/14 (Mon)

数年前、転勤族の俺が某地方都市にいた時の話。

赴任して半年くらい経った頃に、19才の娘(恵美)が採用されてきた。

俺より楽勝で一回り以上年下。

俺が結婚できる年齢になってすぐ娘が出来たら同級生になる、という感じ。

俺の会社はかなり堅いので、不倫なんか表沙汰になった日には、間違いなく飛ばされるか、自主退職を余儀なくされる。

だから真面目な俺は、若い女の子が入ってきても一切そんな目で見た事はなかった。

ところが年末押し迫る冬、会社の飲み会が頻繁にあり、そこで諸先輩のおっさんの一部の人達が不倫自慢、みたいな話をしているのを聞いてしまった。

結局、見つかる奴が馬鹿、結構水面下で皆やっている、という話を真に受けてしまった俺。

で、頭に浮かんだのが恵美の事。

恵美は入社以来俺に懐いており、飲み会の度に

不倫が成り立つのは、お互いに守るものがあるからなんですよ」

と、言われたりしていた。

俺の事誘ってんな、とはすぐに気付いたが、それまではそんな大それた事、全く概念に無かったので、意識する事なくはぐらかしていた。

話具体的過ぎるね。

身バレしないかね…と今更心配になってきた。

まぁいっか…

おじさん達の話を聞いてから、飲み会で見かける恵美の事が急に気になりだした。

よくみると、若手の総合職の男共に毎回口説かれまくっていた。

何気に後輩に聞いてみると、

「恵美ちゃん狙ってる男たくさん居ますよ。未婚者も既婚者も(笑)」

よく見ると、可愛い顔してるしスタイルもいい。

何たって超若い(笑)。

こんなに人気のある女の子…勿体無いかも。

いきなり

「そういう対象」

で意識するようになった。

決定打となったのは、ある日の日中、恵美が銀行に出掛ける為に社を出たところで俺とすれ違った時、俺の姿を見つけるや否や、大きく右手を振ってくれた。

その時、恵美の制服の上着がずり上がり、おへそがばっちり見えてしまった。

真っ白い肌に縦長ではっきりとしたおへそ…下のスカートは腰に引っ掛ける様に履いていたので、ヘソ下もかなり見えて超エロかった…

俺はこの瞬間、一度きりの思い出を作ろうと思った。

年末のある日、飲み会があったが俺は仕事で不参加。

恵美は勿論参加。

もう俺の頭の中は恵美で一杯。

仕事も意外と早く終わりそう。

やるなら今夜かも、なんて思いながら、ついに恵美に電話。

はっきりと、抱きたい、と言っちゃった!

恵美は恥ずかしそうに

「じゃあ私…ちょっと抜けますね。どこで待ち合わせましょうか?」

と言った。

この時、やっぱり俺の事が好きだったんだなと安心した。

心の何処かで、彼氏いるんだし、何ふざけた事言ってんの!とキレられたらマズイな、と少しだけ思ってたので。

彼女の顔についてだけど、はっきり言って俺のタイプでは無かった。

俺以外の男達にチヤホヤされて、そういう対象として見始めた時に初めてマジマジと、

「好意的」

に見てみると実は可愛かった、という事。



うまく伝わるかな…

別スレの時も妄想云々叩かれて途中で辞めたっけ。

でも今回は完遂させてもらいます。

近くの飲食店が多数入る雑居ビルの最上階の待合室みたいなところで落ち合う事にした。

彼女は俺がそこに着いてから10分後に到着。

いつのまにか俺の隣に座っていきなりの密着…年甲斐もなく勃起しました(笑)

恵美も心なしか頬が染まって見えた。

周りにはチラホラと数人人がいるのに、女はこうだと決めると行動が大胆だなと思った。

そこからタクシーで5分程のホテルに行く事になったのだが、

「遠くないんだし、歩いて行きましょうよ」

と言われた。

まあ、それでも良いんだが、ここは人混みとは無縁の地方都市。

その時の彼女の服装は、ギャルっぽく白いコートに赤いミニ。

はっきり言って目立つ。

俺は誰かに見られるんじゃないかとヒヤヒヤしていたが、彼女は全く物怖じせず、

「こそこそする方が目立ちますよ」

と言われ、堂々と大通りを約20分歩いて行った。

そのホテルは比較的住宅街の中に埋もれるようにあった。

入り口に通じる暗い小道に入った時、いきなり立ち止まり、顔を近付けてくる恵美。

自然にそのままキスをした。

少し歯が当たったけど(笑)。

部屋に入って二人掛けのソファに座ると、恵美があっち向いて俺に背中で寄っかかるように座ってきた。

凄くいい匂いがしてきたけど、俺も良い年なんで土壇場で少しだけ余裕があった。

そのまま恵美の顔を後ろに倒してキス。

今度は思いっきり舌を入れながらのディープキス。

滅茶苦茶甘い香りがして、唇が柔らかくて、本当に気持ち良かった。

服の上から胸を揉んでみると、思った通りの大きさ。

俺の嫁さんがFなんで、手に収まりそうな大きさが俺には心地よかった。

服の中に手を入れてお腹の下あたりをなでなでしたり、以前バッチリ見てしまったおへそをくすぐったり。

そのまま太ももの内側を揉むようになで上げると、いきなりエロい声を恵美は上げた。

ある程度の年がいってる女の肌は吸い付く様な感覚だよね?

それに対して若い肌は、全てのものを弾き返す様な弾力性がある。

嫁と結婚して十数年、浮気はないが風俗には二回程行った事がある。

若い子に相手してもらったけど、その時の感覚を思い出しちまった。

気持ちよ過ぎて、お互いグチャグチャになりながら舌を吸い合って、太腿やらお腹を撫で回した。

で、おそこをパンツの上からそっと触ると、もうグッショリ…

「代理(俺、部長代理)、凄く気持ち良い…」

少しづつ脚を開き始める恵美、我慢の限界が近付いた俺はシャワールームへ。

彼女は飲みの前にシャワー浴びて来てたので、俺だけ浴びた。

でも細心の注意を払って、下半身だけ洗った。

石鹸の匂いさせちゃ帰れないしね。

で、その後しました。

彼女の服を一枚一枚脱がせながらあちこちにキスしながら。

ブラをとった時は、形が良くて乳首もピンク色で、マジ見つめてしまいました。

よく考えると最近までJKかと…綺麗で当たり前か。

恵美は恐らく身長160チョイの高め。

AKBの小嶋陽菜だっけ?そんな体型で、細いんだけどゴツゴツしてない感じ。

体毛も薄く、表裏上下どこから見ても傷や肌のくすみが全く無かった。

もうスベスベのぷにぷにで、多分30分位触りまくってキスしまくった。

まじでふくらはぎとかに擦り付けるだけでも充分射精できると思った。

フェラ含め、体位も一通りこなしてゴム中出し。

正直なところ、最近立ちがあまり良く無かったので、途中で萎えるとぶっ壊しだと思い、早く射精する為に自分本位のセックスをしてしまいました。

あと、嫁がキツメなんで、ちょっと緩く感じたかな。(恵美ちゃんゴメンね)

でも、正常位で下から腰くねらせたり、恥ずかしいからと言って、向こう向いての騎乗位でお尻ぐねぐねさせてた恵美ちゃんは、相当エロかった。

一回戦終えてそのまま帰りました。

自分本位のセックスしてとんでもない男、と思う人もいるだろうけど、俺にとっては最初からこれっきりにしようと考えてました。

やっぱりリスクあるし、取り敢えず、不倫というものを経験したかっただけってのもあったんで。

そしてその三日後、残業中に恵美からメールが。

「代理、まだお仕事ですか?」

「そうだけど、どしたの?お家でまったりしてるのかな?」

「そうです。テレビ見てました。代理何してんのかなって思って」

「何それ。それって俺に会いたいの?(笑)」

「会いたい!会いたい!今から車で迎えに行ってもいいですか?」

「え?まじで?分かったよ」

これっきりと思ってたのにちょっと驚き。

そして、面倒な事にならないだろうな、この先…と、心のどっかで思ってた。

トヨタの小型車で会社裏まで迎えに来た恵美。

周り気にしながら助手席に乗りました。

で、俺の思惑とは裏腹に、ここから不倫関係にドップリはまってくのでした。

そんで、冒頭でも話したように、社内でも結構危ない事するようになったのです。

取り敢えずこんな所。

エロい描写はまた嘘くさいと言われそうなので避けました。

でも、こっからはエロい話ばかりなんで、需要があればゆっくり書いて来ます。

付き合って三ヶ月くらいかな、恵美ちゃん彼氏と婚約しました。

その半年後結婚。

でも実は俺と繋がったまま…ダブル不倫に突入。

その後、割とすぐに赤ちゃん出来たんで、めでたく関係清算。

その後俺転勤と、綺麗にフェードアウト。

と、思いきや、今でもよくメール、携帯で話します。

基本的に子供の次にやっぱり俺の事が好きみたい。

あんな独りよがりで変態的なセックスばかりしてたのに。

でも彼女も家庭大切にしてるんで、安心して連絡取り合ってます。

俺、来年から単身赴任になるといったら、子供預けて泊まりで来るって。

どこまで本気なのか分からんけど。

俺、こんなに細かく書いて大丈夫だろうか…

不倫関係になってからは、ホテルや車でズコズコやりまくりました。

でも、非常階段でのお触りとか、そんな話の方が需要ありそうなので、いくつか投下させてもらいます。

事務の恵美ちゃんは五時が定時。

総合職の俺は当然残業。

で、五時過ぎにメールが来て、その日大丈夫そうな場所で待ち合わせ。

非常階段は、いつ扉が開くのかドキドキものだったんで、慎重な俺はキス止まり…

地下室の書庫。

ここはまだ安全なので、ハグしながらディープキス。

この場所でも中身まで触るのは気が引けたので、ひたすらキスに没頭した。

人が居なくなったフロアの女子トイレの個室。

ここではおへそに舌を入れたり、乳揉み、尻揉み。

一度だけフェラしてもらった。

殆ど裸にまでひん剥いた事もあったっけ。

狭い空間が妙に興奮した。

俺的な一番は、職場の飲み会で恵美ちゃんのとなりに座って、太腿やお尻を触りまくる事。



すぐ隣や目の前には同僚や上司がいる状況は興奮した。

恵美ちゃんがおじさん達と話してる時に、敢えて内腿をしつこく撫で回すとか。

必死に平静を装ってる恵美ちゃんを見るのが楽しみだった。

二次会では酔った男共にセクハラされてたけど、その都度ひっぱたいていた(笑)。

「彼女を好きにできるのは俺だけ」

みたいな優越感があったなぁ。

トイレですれ違う時なんかにさりげなく尻の割れ目を撫で上げたりとか。

で、お開きの頃には俺も我慢の限界、田舎なもんで近くに駐車している恵美ちゃんの車の後部座席に二人で慌てて入って超イチャイチャ。

気持ちが昂ぶってるんで、彼女も我慢できないみたいに俺のズボン下げてくる。

そしてフェラで発射、ゴックン。

これが毎回だった。

本番はなし。

俺が拒んだ。

こんな時にも慎重な俺でした。

彼女は居れて欲しくて不満そうだったけど、俺的にはスッキリできたんでまぁいいかと。

不倫だから見つかると大変だからね。

用心に越した事はないよね。

彼女もその辺は良識というか、ルールはしっかりと分かってたんで付き合い易かった。

ただ興奮してくるとかなり大胆になってきてちょっと焦る事も多かったけど。

こういう日常のいちゃつきが、もう楽しくて仕方なかった。

勿論、ホテルで心置き無くヤりまくるのも良かったんだけどね。

社内不倫って、本当に楽しいよ。
関連記事