FC2ブログ


営業先の娘と 【エロい体験談】

kage

2019/07/19 (Fri)

俺は某教材販売会社に勤めるしがない営業マンだ。こんな俺の唯一の楽しみと言えば・・・俺の会社は主に中学生の教材販売をしている。そして半ば会社公認なのだが、
営業マンのほとんどがこの日のために仕事をしてるといってもいい。それは中学校の中間・期末試験期間に共働きの家庭を狙って女子中学生を犯ってしまうことなのだ。
営業といってもいわゆる飛び込みではなく、ある程度調査した情報をもとに資料を作って回るので営業が初めてでもそこそこの成績が上げられるのだ。
今年の1学期末の試験期間のことだ。俺はいらいらしてた。というのもK中学の期末試験期間が始まった初日に
当たりをつけて回った家がことごとく外れだったのだ。資料に反して親が居たり一人でもガキっぽかったりブスだったりと一人も犯れなかったのだ。
会社に戻るとI先輩から超おいしい話を聞いて、うらやましく思ったがその時の話はまた今度。翌日試験2日目のこと。昨日は中学1年生中心だったので今日は2年生を中心に
回ることとする。なぜ中1を狙ったかというとやはり処女率が多いだろうというそれだけの理由。今日は慎重に資料を見て選ぶことにする。一人っ子で共働きを
リストアップ。その結果今日の最初の訪問は「松* 美香」にする。美香の家は一軒家。もし大声を上げられてもまず大丈夫だろう。美香の家に近づく
とテレビの音がする。12時ごろだ。人は居る。「ピンポーン」とチャイムを鳴らすと少しして「はい」と娘の声。
玄関が開いて驚いた。超かわいい。髪はポニーテール、目がくりっとして、細くて長い手足。胸は膨らみ始めてちょっとしたというところか。いままでにこんな
かわいい娘はまず見たことがない。お嬢様タイプといった感じか。自分でも息が荒くなるのがわかる。一人であることをまず確認する。それから俺は
おもむろにアタッシュケースを開けて、教材の資料を取り出し美香の鼻先へ強引に差し出す。美香は面食らっていたがじっと見ている。その瞬間俺はポケットから
OC(唐辛子成分)入りの催涙スプレーを美香の目に向けて噴射した。「あっ」といって美香は突っ伏した。そこへアタッシュケースの中にあった高電圧
のスタンガンを美香の足に押し付けた。電気の放電する音とともに美香は意識を失った。俺はすばやく資料とスタンガンをしまい、玄関の鍵をしめた。靴を脱ぎ
脇に隠すと美香を抱えあげ美香の部屋を探した。美香の部屋は2階にあった。ベッドに美香を寝かすと俺はタオルを美香の目の上に
かけた。こっちまで催涙ガスの餌食になってはたまったもんじゃない。Yシャツとズボンを脱ぐと俺のちん*はかつてないほどぎんぎんにいきりたって
いる。昨日できなかったもやもやと、美香がめちゃめちゃかわいいのとですごい攻撃的になっていた。美香の上にのしかかり足を絡めて、小さい唇におもいっきり
下をねじ込んで腰を振るとあっという間に射精してしまった。パンツの中がぐちゃぐちゃになるほど、どくどく出た。俺はパンツを脱ぎ捨て美香のワンピース
を捲くりあげた。小さいスポーツブラをたくし上げるとマジでピンクのおっぱいが出てきた。夢中でしゃぶりつき片手で揉みしだく。美香は「うーん」と声を出した
が関係ない。胸と唇を交互に吸いまくりよだれでべたべたにする。フレアのスカートをめくると薄いブルーのパンツ。俺はゆっくり楽しむなどという
ことは完全に忘れ野獣と化していたため、そのパンツを剥ぎ取り美香のおまん*を舐めまわした。毛は薄く生えていたと思うが、ほとんど気にならなくパイパンと
言ってもいい位だった。手に唾を吐き、ちん*に塗りたくって一気に挿入した。きつくて腰を動かすと何回か外れたがそのうち外れなくなった。
俺は美香の顔を見ながらやりたかったのでタオルを外した。目をつぶって涙が出ていたが意識はまだはっきりしていないようだ。俺は美香の上にのしかかり胸を
わしづかみにしてつぶれるほど揉みしだき、体を曲げて唇を吸い唾液を垂らしながらおもいっきり美香の中で射精した。
射精した後も美香の中で立ちっぱなしなので、もう一度やろうと思った。挿入したまま、一度体を起こしスカートを破った。俺はその音にめちゃくちゃ
興奮して続いてブラウスをびりびりに破き、ブラはひっぱたが無理そうなので手で外した。そして美香のポニーテールのゴムを外した。髪の毛はたまらない
いいにおいがしたので髪の毛をしゃぶりまくっていたら、美香の意識が戻ってきたようだ。でも目はまだ開けられない。俺は美香の耳元で「美香ー、美香ー」
「たまんねーよ。たまんねーよ。美香のおまん*に俺のちん*入ってんだよ。」「美香中2だろ。13歳なんだろ。」
などと言い、それに自分で興奮した俺はさらに腰を振りつづけながら、美香の両手を押さえつけ、「美香ー、美香ー、このガキ、ガキのくせしやがってー。」と叫んだ。
美香は「やー、いやー。」などと言って暴れようとする。これがまたたまらなく「おら、おらー、このガキー、あー美香ー、いくー」と美香の中に2発目を
最後の一滴まで出した。「写真撮ったからな。誰にも言うなよ。」と脅して、ちょっともったいなかったが服を着て美香の家を後にした。
この後、この期間には3人犯ったが、オール処女だった。あー1人だけI先輩の情報から先輩が前日犯った娘とこの翌日したんで、処女は2人だった。
そろそろおいしい季節が到来する・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]