FC2ブログ


同級生が不良たちに 【エロい体験談】

kage

2019/07/25 (Thu)

俺が中学の頃、中学にYって娘がいた。
Yは顔も背もそこそこあって、中学生にしては発育がよくて
特に、ブルマを履いた時のムチムチした尻が最高で、
体育のあった日とかはよく帰ってオカズにしてた。
Yは優等生で、明るい子だったから俺も含め
結構Yの事が好きってヤツはいたと思う。
中3くらいのとき、そのYが不良達にヤラれているってことを知った。

Yと一度でも関係を持っていたのは自分の知る限り8人くらいです。主に犯してたのは不良グループの3人です。
容姿は極普通の中学生って感じですよ。
ウチは結構先生がうるさく、ちょっとしたことでもすぐに
授業止めて説教とかだから、服装とか髪はみんなまともだった。
てか、もしこのことがバレてたら大変なことになってたろうな…

じゃあ俺がヤレそうになった時のことだけど・・・

Yは中2の秋くらいからマワされてたんだけど、
最初の頃は週に1,2回くらい呼び出して
2,3人でコッソリSEXするくらいだったみたい。

でも、慣れてきちゃったからなんだろうな~。
中3あたりからだんだんと行為がエスカレートしてきた。
教室とかでも、Yのスカートめくったり、胸や尻さわったりとかしだした。
でもYは「やめてよ~www」とかって軽い感じで笑ってたから
Yが犯されているなんて思いもしなかった。

ちなみにこの頃あたりからはほぼ毎日のように呼び出されていたらしい。
俺は触っている奴らをいいな~って思いながら眺めてた。


そんな中、6月頃に修学旅行があった。
数グループで一つの部屋で寝るってことになっていて、
俺のグループと不良グループが一緒の部屋で寝ることになった。
その中の一人と当時はやってたゲームとかしたのがキッカケで
結構仲良くなって、夜とかに中学生らしく恋愛話とかエロトークとか
してたら、ソイツ(Aとする)が
「Yでも呼び出してヤるか~」って言い出した。
SEXなんてまだまだ先とかって思ってる歳だったから
その時は「ハァ?www」って感じ。

そしたら、Aは携帯取り出してメールしだしたんだよね。
内容は「今すぐこっちの部屋こい」とかって感じだった。
で、返信が来たんだけど内容が「先生の見回りとかあるから無理」だった。

それで俺は「やっぱ無理じゃんwww」とかって笑ってたら、
Aは「マジだから、今度絶対ヤらせてやるから!」って感じで
この時はただの冗談みたいな感じで終わった。

そして、修学旅行が終わって何日かしたとき、部活終了の時にAが来た。
Aが「いいもん見せてやるよ」って言ってきて体育館地下倉庫まで
付いて行ったらそこにYがいた。



地下倉庫にはYの他にAと、Aの部活仲間のTがいた。
Yも部活終わったすぐ後っぽくてテニスウェアを着ていた。
スコートから出てるYの太ももを見てると、
Aが「ほらな?マジだろ?ヤっていいよ」とか言ってきた。

俺はもうその言葉だけで息子はギンギンですぐさまYに飛びつきたかったが、
みんなでドッキリかもって思ったりしてて中々行動ができなかった。
緊張しながらゆっくりとYに近づいていって、Yに「いいの?」って聞くと、
Yは小さく「…うん」と答えた。
心ではコレっていいのか?とかこの歳でヤっちゃっていいの?とか思ってたけど
目の前のテニスウェア姿のYの魅力には勝てず、Yのスコートの中に手を入れ、
両手でブルマ越しに尻を揉んだ。

初めて触った女の子の尻は信じられないくらい柔らかく感じた。
そして、片方の手で尻を揉みながらもう片方の手を体操着の中に入れ、
胸を触った。そしてそのまま胸と尻を触り続けているとなんだか
下半身から急激に射精感が込み上げてきて、俺は入れてもいないのに
イってしまった…。

俺が「もうイっちゃった」と言うと、AとTは「早~ww」とか「きたねーなww」
とか言って笑ってた。
そして俺が「ティッシュない?」と聞くとAもTも持ってなく
Aが「トイレ行ってくれば?」と言うので俺は近くのトイレに行って
パンツの中と精液で滲んだ体操着をトイレットペーパーで拭いてた。

早くYとヤりたいので、ものすごいスピードで液を拭いてYの元に猛ダッシュで戻った。
でも、戻ったのはいいけどSEXなんてしたことのない俺はこれから
どうしていいのかわからず、何も言い出せずにいた。
そしたらAが「じゃあヤったことだしそろそろ帰るか~」と言いだした。
俺はハァ!? まだSEXしてねーだろ!?とか思ってたけど、
なんだかAやT、そしてYの目の前でSEXしたいと言うのが
とても恥ずかしくて言えず、その時はそれで終わってしまった…。

その後も、Aにそれとなく頼んでみたりしたのだが、
不良グループのリーダーが他のヤツは絶対呼ぶなと言っているらしく
1学期の間は全くチャンスはなかった…。
俺を呼んだ日はそのリーダーが休みだったので内緒でTと俺を呼んだとのことだった。
この頃、Yとヤれたのは不良グループの3人と、リーダーと仲の良い
1,2人が珠に呼ばれて参加できるという感じだった。

そんなわけで1学期の時はそれっきりだったけど、
2学期くらいからは、Yがマワされているということを知ったことや、
Yに対する性的いじめがエスカレートしてきたことで、
何度かYが不良にマワされているトコとか、玩具にされている場面
とかに何度か偶然を装って立ち会ったりできた。

その時、「オレも混ぜてくれ」とか言えばたぶんヤれたろうに
いつもちょっと見て「じゃあ、また」とか言ってさよならしてた・・・。

・・・、とまあ当時の俺はこんな感じのヘタレでした。
チャンスにありつくために常にYの後を目で追ったり、ストーキングしたりと
行動力はやたらあったのに結局何もできないという・・・・。
当時の連中と飲みに行ったりするとYの話はほぼ必ず出るけど
その度に当時の不甲斐なさを思い出して嫌になる。


思い出せる範囲で書いてみます・・・。


あくまで俺の感覚だけど、2学期あたりからは普通にSEXするだけじゃなく、
Yをより辱めたり、嫌がることをしだすようになってたような気がする。

俺が見たり聞いたりして気づいたYに対しての性的なイジメは
まず、体育中は常にブルマを履かせられていた。
ウチはブルマ、短パンで寒くなるとその上にジャージを着るのだけど
Yは冬でもブルマを履かせられていた。
ジャージは上だけしか着ているのを見たことがなかった。
Aが言っていたが、それはやっぱりA達がYに体育の時は絶対にブルマにしろって
命令していたらしい。Yのムッチリした尻や足は最高だからそうさせてると言っていた。
まあ、これはYの他にも体育が好きな活発な子とかは短パン、ブルマで体育してたから
そんなに目立つ訳じゃあなかった。

体育の後や部活の後は、大体のヤツはそのまま体育着で帰るのだが、
そういう場合、Yはブルマで下校させられていた。
体育着で帰るのはOKだが、変質者などを避けるために必ずジャージ着用って
ことになっており、それにジャージを忘れた場合は制服に着替えて帰るので
普通の子はブルマで帰ることはなかった。


さらに今までSEXは放課後にどこか見つかりにくい場所に呼び出してヤってたが、
普通に休み時間や昼休み、掃除の時間などにトイレに呼び出してフェラさせたり
全裸にさせたりもしだすようになった。
さすがに教室近くのトイレとかでは無く、あまり人が来ない場所でだったが・・・。

これらは日常的に行われてて、
後は、その場で思いついたことをやるって感じかな。
Aから「Y、今パンツ履いてないぜ」とか
「トイレでヤった」とかノーパン・ノーブラで登校させたり
とか他にも結構いろいろとYにやった事を聞いたりしたし、
実際に現場を目撃したこともあった。

体育祭の時に、アソコに大量にビーダマ詰めて競技をやらせたり、
便器舐めさせられたり、体育の時にわざとぶつかって転ばす、制服や物を隠す、
給食を奪う、とSEXに普通のいじめの要素も加わった感じになってた。
卒業旅行の時なんかは殴られたりもしてた・・・。

卒業旅行の時に部屋にYを呼び出して、その後何があったか知らないが、
不良のリーダーがキレてYの腹を殴りだしたのを見た時はさすがに興奮というより可哀相と思った。
Yは「ごめん、やめて!」とずっと泣きながら誤っていた。

後、キッカケについてなのですが、
何か、部活動でのトラブルで先輩連中にマワされて、その後何故か
A達の不良グループがマワすようになった・・・くらいしかわからず
詳しいことは今ではもうよくわからないです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

修学旅行でフェラしてもらって 【エロい体験談】

kage

2019/07/07 (Sun)

高校の修学旅行の夜の話だ。
消灯後に窓から部屋を抜け出し、彼女のいる部屋へ。
廊下には、先生が見回りをしているので電気を消して、俺と女の子4人(彼女含む)はヒソヒソと、誰が誰に明日告白するとか、他愛のない話をウノをしながらずっとしていた。
すると突然ドアが開き、「お前ら、まだ起きてんのか!」と先生の声。

当然、俺は見つかる訳にはいかないので布団に潜る。
そして俺の彼女がドアの方まで行き、「もう寝るよ~」などと先生と話していた。
俺が彼女の友達の布団に潜り込んで息を潜めていると・・・。

「なんか酒臭くないか、お前らの部屋?」と言う先生の声。

確かに結構飲みました。
やべぇ・・・。
でも、男の先生って女の子の部屋の中までは入って来ないのな。

そんな感じでドキドキしてると、俺の顔にぴったり友達のおっぱいが当たっている事にようやく気付く。
この友達はかなりスペックが高く、しかもノーブラだ。
なぜか俺は、今なら大丈夫と思い、友達が着ていたトレーナーの裾から手を入れ、軽く乳首を摘んだ。
友達は少しだけピクッとしたけど、特に拒否する訳でもない。
調子に乗った俺はトレーナーを捲り上げ、乳首を口に含んだ。
音を立てる訳にはいかないので、ゆっくり舐めたり、含みながら乳首をレロレロしてみた。
すぐに友達は、俺の頭をグッと抱くようにしてきた。
しかし、彼女が戻ってきてしまい、眠くなってきたから寝るかという流れになってしまった。
俺も、明日の明け方までに部屋に戻ってればいいかという事で、俺は彼女と友達の間で寝る事になった。

しかし、俺はまだ勃起したまんまで、なかなか寝られずにいた。
しばらくすると彼女の寝息が聞こえ始めた。
他の二人も寝たみたいだ。
俺は、思い切って友達の布団の中に手をソロリと入れてみた。
そしたら友達と手が当たり、握り返してきた。
なんかエッチな感じで手を握りあったりしていたら、友達が徐々にこっちにくっついてきた。
この時点で俺は我慢汁出まくりだった。
幸い右手が自由だったので、手を友達の下からまわしておっぱいを揉んだりしていた。

すげぇキスしたくなったが、かなりリスクが高い。
しかし、高校二年生の俺に我慢できるはずがなく、友達の方向に顔だけ向けるとキスをしてきた。
ゆっくりと舌を絡め合っていると友達の手が俺のチンコに!
友達は、俺のスウェットの上からゆっくりと擦っている、っていうか握ってしごいてる!
もう我慢できなくなりそうだったので、友達の手を離させて、逆に友達のマンコを触ろうとすると手首を掴まれた。

だけど高校二年生の俺は強引に寝巻きの中に手を入れ、太ももの間に手を入れるのに成功。
太ももを撫でていたらだんだんと開いてきたので、パンツ越しにアソコに触れる事に成功した。
しばらくツンツンしていると、「ァッ、んっ、んふっ」と小さく声を出し始めた。
俺はここぞとばかりにパンツの横から指を滑り込ませる。

ヌルッ・・・。

かなり濡れていた。
俺は彼女に、「女の子は、いきなり激しく出し入れしても気持ち良くないんだよ」と教えられていたので、ちゃんとマン汁で指を濡らしてクリをゆっくりと円を描くように弄る。

「んふっ、やぁ、んっ」

なんとか声を出さないようにしている友達。
さらにゆっくりと弄る。
友達は我慢できないのか腰が浮いてしまっている。

「んふっ、あっーん」

アソコからはすごい量の愛液が出てくる。
高校二年生の俺はもう我慢出来ず、友達のアソコに指をゆっくり滑り込ませる。
しかし彼女から、「奥まではいきなり入れないんだよ!」とも教えられていたので、入り口を引っかくように弄ってみた。

ピチュックチュックチュックチュッ・・・。

エッチな音がする。
ここまで来たらもう止まらない。
指を奥まで入れて、なるべく音が出ないように動かす。

「んっ、んっ、んふーっ」

クチュックチュックチュックチュッチュックチュックチュッ。

「あっふー、んふっ」

友達が俺の手首を掴んでやめさそうとする。
しかし高校二年生の俺はやめない。

クチュックチュックチュックチュックチュッ。

友達は、「ん、ふっんーっ」と体をビクッとさせた。

(もしかしてイッたのかな?)

まだ経験の浅い高校二年生の俺は、「イッた後は動いちゃダメ~」という彼女の教え通り、静かにしてみた。
なんか「ハ~、フ~」って感じで深く息してる。

5分くらいこの状態で、すでに痛いくらい立ってる高校二年生の俺は、めちゃくちゃ入れたくなっていた。

友達の耳元で、「入れたい」と囁くと、「ダメだよ・・・」と言われた・・・。
確かに頭の上に二人、隣には彼女が寝ている。
無理だよな。
だけど高校二年生の俺には我慢など出来るはずがなく、「じゃあ口でしてよ」とお願いしてみる。

「え~。あんました事ないし」

「早く」

そう言いながらスウェットから立ったモノを出して触らせた。

「早く早く」と言いながら友達をせかす。

そして布団へ潜る友達。
友達は俺のチンコをにぎにぎしている。
我慢出来ない俺は、友達の頭を持ち、チンコを咥えるようせかす。
そして、ついにヌポッという感じでフェラされている感触が。
それはすごーくゆっくりなフェラで、ヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッとされていた。
たぶん本当にあまりフェラした経験がないのだろう。
ただ、しっかりと吸い付く感じで、ヌチュッヌポッチュクとされていると早くもイキそうになってきた。
だって高校二年生だから。

俺は、もう我慢が出来なくなり、友達の頭を持って前後に動かした。

クチュックチュッヌチュッヌチュッヌチュッ・・・。

しっかりと吸い付いている。
すごくあったかい。
バレるとかなんにも考えず、ガンガンに腰を振った。

ピチュックチュッチュッチュッチュッチュッチュッ。

(やばいっ、イクっ!)

もちろん何も言わず、思いっきり友達の口の中に放出した。
ムチャクチャ興奮したのでかなり出たと思う。
高校二年生だし。

友達は、無言で俺の放出したモノを受け止めている。
声は出せないので当たり前だけど。
もちろん吐き出す訳にもいかないのでゴックンしてくれた。
すげぇ気持ちいい体験でした。
関連記事