FC2ブログ


中学生の従姉と 【エロい体験談】 

kage

2019/10/08 (Tue)

ぼくは中2です。去年の夏、いとこたちと一緒に海にいったときのことです。

いとこは1こ上のM美と1こ下のKで、いった日の夕方、「もうすぐごはんだから、いっしょに入っといで」というので、3人でお風呂に行きました。

札をかけてはいる小さいお風呂なので、3人で入るとせまいくらいでした。KとM美はしょっちゅう一緒に入ってるらしくて、平気でかくさないで見せてました。

3人で日焼けのあとをくらべあいしました。

ぼくは女子のはだかを見るのは初めてで、M美はわりとおっぱいもふくらんでいて、アソコも毛がびっしりはえてるので、チンチンがぴんぴんになってしまいました。

M美は「洗ったげる~」とKとぼくを交代で立たせて、見たらKもチンチンがたってたけど、ぼくのほうが2倍くらい大きかったので、M美はびっくりして「おっきいねぇ~」といって洗いながらぼくのちんちんをさわりました。

Kは見たいテレビがあるので、すぐに出ていって、M美とぼくの二人になると、M美は「すごいねぇ」といって夢中でぼくのチンチンをなでました。

「胸さわっていい?」というと、「いいよー!」というのでM美のおっぱいをもみました。 そこで射精しちゃいそうでした。

初めてさわって、柔らかくてびっくりしました。おばさんが「早く出なさい」と呼ぶので、あわてて出たけど、トランクスをはいても、M美はとんがってるあそこをさわってきました。

夜、3人で寝てたらM美はぼくの横にきて、ぼくが真中でした。

Kはすぐ寝てしまい、ぼくも疲れて眠ってしまいました。

夜中にふと目がさめたら、M美がぼくのをさわってるんです。

ぼくはトランクスだけで寝てたので、チンチンが立ってテントでした。M美は、チンチンを指で押したり、つつーとなぞったりつまんだりしました。

ぼくが動いたら、M美はあわててはなれて、寝てるふりしてたけど、何気に見たら自分でTシャツの胸をはげしくもんで、あそこもいじってました。

しばらくしたら、またさわってきました。ぼくは気持ちよくて、じっと寝てるふりをしてたら、だんだんにぎったり、もんだりするので、ぼくはとうとうがまんできなくなって、トランクスの中にビュッビュッと出してしまいました。

オナニーをしだしたころだったので、すごくたくさんたまってて出ました。

ぼくはぐしょぐしょで気持ち悪いので、起き上がってトランクスを脱いで、タオルケットでチンチンをふきました。

でも、たってたってしかたありませんでした。

そしたら、M美が「ねえしよう」といってパンツを脱いて、はだかになりました(M美も下はパンツで寝てた)。

おたがいシャツも脱いではだかになって、夢中で抱きあいました。キスもはじめてしました。

となりの部屋でおじさんたちが寝てるし、Kもそばにいるので声は出さなかったけど、はだかでごろごろ抱きあって、いつのまにか、あそこを入れあってました。ぼくは初めてだったけど、M美は初めてではなくて、彼とバンバンやってるそうです。

ナマだったので、M美にいわれて出そうになったら抜いておなかの上に出しました。ものすごく出てびっくりしました。その夜は何度もいれあって、何度も出しました。タオルケットでふいたので、次の朝タオルケットがカピカピになってました。

次の日も泳いで昼寝してから帰ったけど、昼寝のとき二人で一緒にお風呂に入って、中で激しくまたHしました。そのときにM美がお風呂のふちにすわって、足を広げてアソコをじっくり見せてくれました。夜は暗くて見えなかったけど、なんか不思議な感じでした。

M美が「うしろからして!」といって、おしりを突き出してきたので、後ろからたっているチンチンを押し込んで激しく動かしました。「あー!!!感じる。」と声を出してました。

「出そう!!!」と言うと、「抜いて!!!!」と言われて、背中に思い切り飛ばしました。

この夏休み、またM美の家に遊びにいったとき、M美は高校生の彼氏とつきあってて、「Hしてるん?」ときくと「しまくってるよ~!」と笑っていました。

ぼくはがまんできなくなり、チンチンを出して見せると、「彼氏いるからだめだよぉ~」といいながら、「彼氏のより立派だね!」といってさわってきました。

胸をもむと「もう!じゃあ胸だけだよ~」といって胸を出してもませてくれました。「大きいね」というと、「Eカップだよ!彼氏のおかげ~」と
笑うので、夢中で吸ったりもんだら、M美も興奮して、なりゆきでHをしてしまいました。ゴムを持っていったのでつけて3回もしました。

M美も彼氏が合宿で会えなくてたまってたらしくて、「内緒だからね!」といってもう3回、合計6回はげしくやりました
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

初体験はいとこのお姉さん 【エロい体験談】

kage

2019/09/23 (Mon)

小学5年のとき、初めてエッチした。相手はいとこの25歳のお姉さんでした。

お姉さんに海水浴に連れて行ってもらって、夕方、休憩所で一緒にシャワーを浴びてるとき、お姉さんのビキニの胸がすごく気になって、海水パンツの中でおちんちんが勃起してしまった。
お姉さんはすぐ気がついて、「あ、おちんちんエッチになってる^^」って言われて、すごく恥ずかしかった。でも、お姉さんはそれからビキニを外しておっぱいを丸出しにして体を洗い始めた。
それから僕にも「体ちゃんと洗わないとべとべとになっちゃうよ」と言って僕の体に石鹸をつけて洗い始めた。
そして「ここもきれいにしておこうね」と言って僕の海水パンツに手をかけて、下ろされてしまった。
丸裸でおちんちんを勃起させてる姿を見られてしまった。
「おちんちん、まだ毛が生えてないんだ」とか言いながら僕のおちんちんに石鹸を塗ってヌルヌルと洗ってくれた。
お姉さんのリズミカルな手の動きが気持ちよくて、なんか、おちんちんをずーっと触っていてほしいって気持ちになりました。
すると、おちんちんがツーンとした感じになって、そのあと、おちんちんから白い液体がドクドクって噴出してしまいました。
「お姉さん、おちんちんが変になっちゃった。どうしよう」っていったら、「白いの出したの初めて?」って聞かれて、「うん」と答えると、「大丈夫、男の子は体が大人になってくるとみんな出るの」って言って、おちんちんをきれいに洗い流してくれました。

その日の夜、僕の寝てる部屋にお姉さんが入ってきて「おちんちん、大丈夫?」って聞かれた。
僕はお姉さんの体の石鹸のにおいでまた勃起してしまった。
「また、硬くなっちゃってるんだ」と告げると、「じゃあ、見てあげる」って、僕のパンツを下ろして立ったおちんちんをやさしく握ってくれました。
「おちんちんが硬くなっちゃった時はね、さっきの白いのを出すと小さくなるからね」と言っておちんちんを上下にやさしくこすってくれた。すごく気持ちよくなってると、「大人はね、別の方法でおちんちんから白いの出すの、知ってる?」僕は知らないって言ったら、「内緒ね」と言って、お姉さんは裸になって、おまんこを開いてみせて、「男の人はここにおちんちんを入れて白いの出すんだよ」って僕の手をおまんこにくっつけて。触らせてくれた。中はあったかくて、それになんだかヌルヌルしてた。

それから、僕を寝かせて、おちんちんをまたぐ様にして腰を下ろしておまんこにおちんちんを押し当てて、グチュっておちんちんを入れてしまった。今までに経験したことのない刺激がおちんちんを包んで、僕のおちんちんはすぐにピクピクしてドクドクって白いのをお姉さんの中に噴出してしまった。「おねえさん、すごい。こんな気持ちいいの初めて!」って言いました。お姉さんは僕のおちんちんを入れたまま、軽く腰を動かすとまた、お姉さんの中でおちんちんが硬くなっていきました。
「今日はいっぱいおちんちん気持ちよくしてあげるからね」といってたくさんエッチをしてくれました。

それからしばらくしてお姉さんはアメリカにいってしまい、現地で結婚して住んでます。今でも、あのときのことを思い出しながらおちんちんをシコシコしています。
関連記事