FC2ブログ


彼女を覗かせると 【エロい体験談】

kage

2019/11/10 (Sun)

彼女プール行った時だけど、その日はあんまり人がいなくてかなり自由に遊べたから楽しく過ごしてた
一通り遊んでだらだらプールに浸かってたらなんかムラムラしてきたから、彼女のお尻とか胸を撫でてやったら彼女も恥ずかしそうだけどまんざらでもない様子だった

人があんまりいないのもあって彼女の手を俺の水着の中に入れてチンコ握らせながらプールを歩いてみた
すれ違う家族連れや男達には気付かれないか緊張したけどめっちゃ興奮した
彼女も「なんか凄い事してるよね」って興奮気味


その後もちょいちょいエロい事しながらプールに入ってたので本格的にHしたくなって彼女にでようと告げると彼女も同じ考えだった

荷物持ってシャワー室行く時に俺が男子の方みると4人くらい高校生とかオッサンがいるだけだった
そこでふと思って「女子混んでるならこっち使えよ、空いてるし大丈夫だよ」とわざと大きめの声で言って男子のシャワー室に連れてきました

彼女は「えっ!?」って感じで他の着替える人達も彼女に注目してた
俺は「早く浴びて着替えてよ」といいながら小声で「みんな見てるし早くしないと人たくさんくるよ」
と彼女の反対側の個室に入りました


個室といってもカーテンしかなくて、端もきちんと閉まらないので普通に隙間があります
俺はシャワー浴びながら身体洗ってると
彼女の個室前をやたら人が通りだしました、しかもさっきいた高校生が友達呼んできたのか人数が増えてた
彼女のお尻がカーテンの隙間から見えるので、高校生達は
「まじやばい」とかさんざん騒いでました

それからシャワー終わった後に彼女のとこいくとすでに顔真っ赤で「早く出ようよ、めっちゃ見られたんだから」
とかなり恥ずかしかったみたい
でもどうせ二度と合わない人達しかいないから、彼女に「ついでだからここで着替えて行こう」
と言うと彼女もやっぱりみたいな感じでついてきました



荷物置くとこで着替えはじめて、俺はさっさと身体拭いてフルチンになると彼女はなんか笑ってた
俺は「早く着替えろよー」と周りあんまり意識してないようにしてさっさと着替えました

彼女はバスタオルまいて水着外すのに手こずってるようでなかなか着替えができないみたい
しかも他の人達の視線はほとんど彼女に注がれてたからなおさらやりにくそう
彼女の近くで着替えて高校生達はわざとかもしれないけど、みなフルチンで身体拭いてました
しかも若干勃起してるし


ここで俺は
「ちょっとトイレ」
と彼女置いて外にでました
それから反対側のシャワー室入口から様子みてたんですが
俺に置いて行かれた彼女は周り気にしながら着替えてるんだけどバスタオルからはちらちら胸とかお尻がはだけてかなりエロかった
しかも近くにいた高校生達は俺がいないからかフル勃起で彼女の側に寄っていって、みなで話ししながらさりげなく彼女に見せつけてました

それから彼女は下着つけた後に俺のとこチラッと見て(彼女には隠れて見てるの伝えてたから)
バスタオルを取り
ピンクのブラとパンツだけの格好になりました


高校生達や他のオッサンは「おぉ~」と歓声上がってました
彼女は下着姿で水着とか片付けはじめました
胸はけっこう大きいので、屈むたびにぷるぷるしてみんなガン見してる状況でした

それから短パンとシャツ着て逃げるように俺のとこに走ってきました
彼女は
「なんか足がくがくして震えてた」
とかなり目もウルウルしてたので、そんな彼女にかなり興奮

その後即効ラブホにいくと彼女はすでに下着透けるくらい濡れてました
彼女が言うには俺以外の人達がちんちんみせながら裸見てる状況にかなり興奮したみたいです
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

引越しの手伝いで妻が 【エロい体験談】

kage

2019/09/02 (Mon)

新任の上司が九州から越してくるので、連休に引越しの手伝いに嫁(34歳)と行った。
他には男の同僚6人で、女手は嫁一人だ。
上司には子供がなく奥さんと二人暮しで、相応の家財道具で結構大忙しだ。
また暑い日で、汗タラタラだ。嫁も汗グッショリで、Tシャツも汗でベットリして、紫のブラジャーも透ける始末。
ちなみに嫁はDカップの爆乳で、なにげに男供の視線が嫁に集中していく・・・・
おまけに下半身は、エナメル質のテカテカ素材のスポーツスパッツ着てたので、
巨尻の肉が食い込んで、パンティラインもクッキリと浮き出ている。
亭主の俺でも目のやり場に困るくらいだ・・・
上司の嫁は50台の婆だが、事実上紅一点の嫁に、自然と男供の視線が釘付けになるのは、時間の問題。
嫁も張り切って、脚立に乗って蛍光灯を取り替える時などは、両手を大きく掲げて万歳しているので、
いやでも紫のブラに包まれた爆乳に男供の全視線が集中する・・
階段の雑巾がけのときなどは、巨尻を大きく突き出すので、階下から見ると、もうたまらなくセクシーだ・・・
2~3人が庭の隅でタバコ吸いながら、サボってる。ふと耳にすると、『○○の嫁さん、もうたまんねえナ』と話している・・
もう引越しの仕事どころでなくなり、男供の視線は全て嫁へと注がれる。
上司も刺すような視線を嫁に向けている・・・
嫁は学生時代バレーボールの選手だったので、170cmと大柄で、ムッチリとしている。
男供の視線にお構いなしに相変わらず嫁は悩殺ポーズで作業に没頭している・・・
水がタップリ入ったバケツを上半身力を入れて両手で持つと、巨乳が寄って前に大きく突き出す。
しかも下半身に力を入れて踏み込むので、股が開き加減となり巨尻がことさら目立つ。
実に無防備だ・・・まるで女体鑑賞会のようになってきた・・・
そして、やがて昼休みに・・・
皆で車座になって、出前の寿司をつまむ。暑い日なのでビールもということで、
自然に嫁がお酌係りに・・・
Tシャッの汗は乾かず、相変わらず汗まみれのTシャッ越しに紫のブラはくっきり透けて見える。
おまけにスパッツで肉がムチムチに張り裂けそうな下半身。
もうランパブみたいなもんだ・・・かなりの過剰サービス。
男供は、皆鼻の下を伸ばして、酌を受けてビールを飲んでいる。次第に宴会モードに・・・
花見みたいになって、一人の男が歌いだすと、釣られてまた一人と、
やがて周囲から『○○さんの奥さんも』というので、嫁は立ち上がって歌いだす。
酔いも手伝って、ご丁寧に振り付けもして、まさに歌って踊っての世界だ。
しかし男供は皆誰も歌など聞いちゃいない。皆視線は嫁のグラマーな悩殺女体に注がれている。
皆が囃すので、嫁も得意になって、腰を振り、ベリーダンスっぽくなる。
暑いので、なんとTシャツを巻く仕上げ始める。ここで一斉に拍手と掛け声で、
なんとTシャツを脱ぎ始めた。そして、『奥さん最高!ナイスバディ!』の声に気を良くしたのか、
なんとスパッツも脱ぎだそうとする。『奥さん!ブラは紫だけど、下も紫?』と相次いで掛け声がかかると、
なんと、『当ててみて?』といいながら、ボルテージも上がって、スパッツツも脱ぎ始めた。。
もはや嫁は、紫のブラに紫のパンティのあられもない姿に・・・
腰を振り振り、全身をウエーブさせて、悦に入っている・・・
関連記事