FC2ブログ


彼女が飲み会で 【エロい体験談】

kage

2019/10/29 (Tue)

彼女は年下だけどクールでしっかりした娘。

無口っていうか必要最低限のことしか喋らない。

あと結構口が悪くて、俺にはよく毒を吐く。

同性の友人に対してはそこまで辛辣では無いみたい。

ただ周りに無関心というか、人付き合いが不器用そうな感じ。

素っ気無い猫というか、ハリネズミみたいなキャラ。

目つきも悪いし。

だけど本当は優しくて、そこに惚れた。

すごいおばあちゃんっ子だから、老人にはすごく自然に気配りが出来て、惚れたのもそういうところ。

彼女(以下理恵)と出会ったのはバイト先。

理恵が高二で俺が大学二年の時。

バイト帰りにたまたま一緒のバスに乗ったんだけど、向こうは俺に気づいてなくて、でも

俺も声をかけるつもりなかった。

すごい無愛想な印象だったから、話しかけてもどうせ冷たくあしらわれると思ったしね。

そんでしばらく乗ってると、バスの中がすこし険悪な雰囲気が流れた。




理恵がちゃらい感じの若い男数人と口論になっていたんだ。

どうもお婆さんに席を譲れと男達に言ってたらしい。

結局男達は次の停留所で、理恵を小馬鹿にするように降りてった。

俺は「すげえな。やっぱ気が強いんだな」と感心してたんだが、

遠くから見ても理恵の足はガタガタ震えてて、そしてやがて泣き出した。

やっぱり怖かったみたいだ。

それ見て惚れた。

女性としての魅力っていうか、人間として尊敬して、それが恋心になった感じ。

身体は女性にしても小柄だから、なおさら人間としての強さが印象的だった。それから猛アタックした。

やっぱり冷たくあしらわれたけど、粘りに粘った。

一年間粘り続けて、ようやく付き合ってくれた。

付き合いだしても途端にデレるなんてことはなかったけど、でも時々可愛いことをいう。

ベタだけどキスしてる間「時間止まればいいのにね」とか。

顔は贔屓目抜きに可愛い。

すごく目がぱっちりしてて宝石みたいにキラキラしてる。目つき悪いけど。まつ毛も長くて濃い。

でもいつも不機嫌そうに口をへの字にしてるから、あまり男は近寄ってこないらしい。

髪はずっと黒いストレートセミロング。

シャンプーのCMみたいにサラサラしてる。頭撫でるのを躊躇してしまうくらい。

でも撫でられるのは好きみたいで、パッチリした目をとろんと半開きにしつつ、口をもにょもにょさせる。

それで時折猫の鳴き声を出すのだが、自分のキャラではないと自覚してるのか、

頬を赤らめながら「・・・馬鹿かあたしは!」と自分に突っ込んだりもする。

色白で、手足も細い。くびれってほどのものはないが、寸胴でもない。

硬いってわけじゃなく、中身詰まってんな~って感じの張りのある、ブリンって感じのお椀型のEカップ。

乳首もピンクくて、俺も自慢の美巨乳なんだけど、本人は視線が嫌で身体の線が出る服を着ない。それで事件が起こったのは、付き合って3年目。

理恵が大学二年で、俺が社会人一年目の時。

初めてってくらいの大喧嘩をした。

理恵は普段冷たいが、ヒステリックに怒ることなど皆無な女の子で、感情を溜め込んでしまうタイプの人間。

それが些細なことで爆発してしまった。

特に明確な理由なんてなくて、お互いのタイミングが悪かっただけだと思う。

俺は俺で新入社員として色々あって、理恵も大学で色々あった。

お互いに不満や憤りがあったわけじゃないと思う。

当時俺も理恵も一人暮らしをしていて、理恵とは半同棲みたいな感じで、

理恵は泣きながら俺の部屋から出て行った。

その時売り言葉に買い言葉のような感じで、別れるだのそんな感じのことを、

お互い言い合ったりもした。仕事が忙しいこともあり、何より意地の張り合いということもあってお互いに連絡を取らなかった。

理恵の友人(以下A子)からは「後悔してるし、謝りたいって言ってるから仲直りしてあげて下さい」と連絡があった。

毎日のように、俺へ連絡を取るかどうかで悩んでいたらしい。

こんな喧嘩らしい喧嘩は初めてだから、俺に嫌われていたらどうしようと怖かったとのこと。

でも俺も忙しかったし、腹も立っていたので自分からは連絡しなかった。

そして喧嘩から一週間ほどした日、週末の夜中にA子から連絡があった。

それはこんな内容だった。

いつもの女だけのメンバーで飲み会をしていたら、理恵は俺へのノロケと罵倒を交互に繰り返しながら早々と泥酔した。

そこに偶然大学の男子と鉢合わせてきて、合コンのような感じになった。

理恵の友人が気づくと、いつの間にか酔いつぶれてた理恵が消えてて、

周りに聞くと、男が介抱しつつ一緒に消えていったとのことだった。その男は理恵のゼミメイトで、名前を岡田といった。

俺は岡田に対しては全く面識がなく、どんな奴かも知らなかった。

余談だけど、理恵が大学入学時には俺は4年で、就職活動に忙しくて殆ど一緒に居れないにも関わらず、

理恵は一緒の大学に入ることを望んだ。

A子はずっと「別に一緒の学校とか行きたくない。恥ずかしいし。滑り止めで受けただけ」と言っていたのに、

後で友人から聞いた話によると、俺の大学一本に絞っていたらしい。繰り返し謝罪してくるA子には、「別に気にすんな。てか俺関係無いし」と虚勢を張った。

実際A子に非があるわけじゃない。

しかし電話を切ると俺は、しばらく部屋の中をウロウロと歩き回った。

理恵に電話しようにも、プライドが邪魔して出来なかった。

浮気するなら勝手にしろよって思った。

でもその虚勢も、10分として持たなかった。

すぐさま理恵に電話した。何度も何度もかけたが、理恵は出なかった。

その晩は結局殆ど眠れなかった。

携帯の待ちうけにしてある、理恵の顔写真をずっとぼけ~っと見てた。

写真が嫌いで、でも頼みこんで撮らせてもらった、照れてぶすっとした横顔。

いつの間にか日が昇っていた。

早朝で静かだったから、誰かがアパートの階段を登る音が聞こえてきて、

その足音はやがて俺の部屋の前で止まった。

俺は動けなかった。どんな顔で出迎えたら良いのかわからなかったから。

足音はずっと部屋の前で止まっていた。

少なくとも5分くらいはそんな膠着状態が続いてたと思う。

やがて足音は、俺の部屋の前から去っていった。

俺は慌てて部屋を出て、見覚えのある小さな後姿を追いかけた。

すぐに追いついて、後ろから抱きしめて、無言のまま部屋に連行していった。

理恵は俺が友人から、その晩のことを聞いたことを知らなかった。

でも理恵は自分から話した。そして謝ってきた。

A子に聞いた通りの内容だった。

女の子同士で飲んでて酔いつぶれたら、いつの間にか男子が混ざってて、そんで

気がついたら岡田の部屋にいた。

「最後までしたん?」と聞くと、目をぎゅっと瞑って、黙って頷いた。

それ見て心臓が止まるかと思った。

俺は泣きそうになったけどぐっと堪えて、冗談っぽく理恵の頭をパーン!とはたいた。

そんでその後撫でた。

「どうする?別れんの?」と尋ねると、理恵は黙って首を振った。俺は引きつった笑顔を浮かべて「いいよ。でも一回貸しだかんな」と言った。

理恵は驚いたように「許してくれるの?」と尋ね、俺が頭を撫でながら頷くと、

堰を切ったように理恵の瞳から涙がぽろぽろと零れ落ちた。

「ごめんなさい」と何度も繰り返していた。

でも泣き崩れる理恵の首筋には、キスマークがあった。

それ見て再度頭がかっとなって、泣いてる理恵を押し倒した。

理恵は必死で抵抗してた。何度も「ね?ね?先にシャワー……」って繰り返してた。

でも少しでも早く理恵を抱きたくて仕方がなかった。

また俺のものにしたいって思ったから。でも半ば強引に衣服を剥ぎ取った理恵の美乳には、新しいキスマークがいくつも見てた。

胸の間、乳首の周り。

あと明らかに精子臭かった。

理恵は腕でそれを隠そうとしたが、俺は強引に犯すように理恵とセックスをした。

不思議と別れるつもりには全然ならなかった。

むしろ、以前より好きになってたくらい。

それを理恵に伝えると、顔をくしゃくしゃにさせて「ごめんなさい」って言った。

でも俺が射精して(この時は中田氏してしまった)理恵の上でぐったりしてると

理恵は辛そう笑顔作って「ありがとう」って言った。それから俺達はやり直すことになった。

理恵はしばらくの間、借りてきた猫のように大人しくなったけど、徐々にまた毒を吐くようになっていった。

A子からこっそり聞いたところによると、大学では理恵は岡田を露骨に避けているとのことだった。

岡田に対しては今更事を荒立てたくは無かったけど、黙ってるわけにもいかなくて、いつか話をつけにいかなくちゃいけないと思っていたんだ。

でも仕事が忙しくてなかなか時間が取れず、時間だけが過ぎていったある日、とんでもないものを見つけた。

理恵とは完全に仲直りできていて、前よりも明らかにお互いを思いやることができるようにっていて、

今更岡田とか、正直どうでもよくなっていたころ、偶然岡田がやってるブログを見つけた。

大学を卒業後も後輩からサークルのイベントに顔を出してほしいと言われてて、イベント後その後輩が

そのイベントを纏めたのをブログに載せたんで見てくださいと言われ、初めて見たその後輩のブログには、

大学の友人的なリンクのまとめがあり、その中に岡田の苗字があった。

岡田は勿論仮名で、実際はちょっと珍しい苗字だったから、まさかと思った。覗いてみると、実際それは岡田のブログだった。

顔写真が載ってるわけでもないので、同性の可能性もありえたが、やはり岡田のものだと断定できた。

あの夜のことが書いてあったから。

『前からやりたかった同級生の女喰えました。まさかの隠れ巨乳で大当たり!』

ブログにはその一文だけ書かれていただけだったんだけど、米欄で『Kちゃん?」と誰かが質問すると

『Rちゃん(笑)』とイニシャルトークで岡田が質問に答えていた。

そんなやり取りがずらっとチャットのように行われていた。

質問者は多数いた。『ああ、あん時結局やれたのね(笑)おめでとう!』

『どもども。皆のおかげ(笑)』

『マジか!?Rちゃん隠れ巨乳だったんか』

『マジやばい!乳首超敏感だし超ピンク!』

『なんで?あの子彼氏一筋純愛系っしょ?俺なんかショックだわ』

『酒の力って偉大(笑)』

『あの子良いよな!俺もやりてー!』

『俺ずっと狙ってたんだよね。すげえ色白でえろい身体だった(笑)』

『無理矢理?』

『最終的にはイキまくってたから和姦でしょ(笑)』

『ちゃんとゴムしたか?彼氏いるんなら後々面倒だぞ』

『最初はちゃんとしてた!』

『最初はって(笑)後半は?』

『察しろ(笑)』『やり甲斐ありそうな身体だよな』

『もう中きっつきつでぐっにゃぐにゃ!超名器!』

『どんくらい酔わせてたん?』』

『最初は俺のこと彼氏と間違えてたくらい』

『フェラさせた?』

『嫌がってたけどイカセまくってたらしてくれた!超良かった!口に出しちゃった!』

『ちゃんと掃除させたか?(笑)』

『丁寧に綺麗にしてもらいました(笑)』

『何回戦した?』

『俺は3回イッた!』

『俺はって何?もしかしてまた吉村乱入パターン?』

『イエス!俺ら親友だから(笑)』

『またかよ(笑)ざけんな吉村あいつ良い目みすぎだろ』

『まぁ俺も何かとお世話になってるし』

『うわーRちゃん3Pとか俺ショックだな』

『今度誘ったほうがいい?(笑)』

『お願いしゃーっす。ってかRちゃんよく許可したな。そんな子に見えないからショックだわ』

『丁度バックでいきまくってた時に吉村来たから。最初は嫌がってたけどバックで突きまくってたら

そのうち吉村のちんこ握りだした(笑)結局俺にはめられながら吉村のチンコ咥えちゃった』

『吉村うぜえ(笑)つか吉村もやったの?』

『それはめっちゃ嫌がってたな。でも俺がコンビニ行って帰ってくるとRちゃん吉村の上で腰振ってた(笑)』

『あいつ結構口うまいからな』

『悔しそうに気持ち良いって言ってて超興奮したわ。やっぱただのヤリマンより面白いな』

『今回も彼氏より良いって言わせた?』

『つか勝手に言った(笑)吉村のチンコでも言ってたわ(笑)』

その数日後のブログで、『先日やりまくったRちゃんですが完全にシカトされてます(笑)携帯も着拒(涙)』とあって

それ以降ブログには理恵の話題はなかった。その後はえろい話無いので省略。

簡単に言うと岡田の部屋へカチコミに行ってブログは消させた。

ブログの存在も含めて、理恵はその事を知らない。

同級生でもあるんだから事を荒立たせたくなかったけど、どうしても我慢できなくて

岡田と吉村にはちょっとした復讐をした。

二人は理恵以外にも彼氏持ちの女の子に手を出してて、それを彼氏に匿名で連絡してやった。

その中には荒い奴もいたみたいで、二人とも入院とまではいかないものの

顔に青痣とかつけてたらしい。今でもとは続いてる。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

人妻の同僚と 【エッチな体験談】

kage

2019/02/09 (Sat)

先日、衝撃的なことがありました。
私は酒が弱くて、飲み会でも乾杯で口をつける程度で、あとはウーロン茶とかを飲んでるので、
店に行く時も車で、帰りの送りにも使われてたけど、それが幸いしました。

飲めないくらいだから、いつも二次会には参加せず、一次会で帰る二・三人を乗せて最寄りの駅に送って帰るんだけど、
その日も三人乗せたんだけど、その中に、ベロベロに酔った30代の既婚のパートさんもいて、まずは近い私鉄の駅で一人降ろし、
JRの駅で残りの二人が降りるはずだったが、酔ったパートは、一人で帰れそうもなく、自宅も近所だったので送る事になった。

家の前に着き、寝ていたパートを起こすと、
「ここどこ?二次会は?えー、なんで家なの!今日は旦那が帰って来ないから、二次会・三次会に行こうと思ってたのにぃ。」
と、ごねだした。

どうやら旦那の留守に、羽根を伸ばそうとして、一次会で、ハシャギ過ぎて酔い潰れたらしい。
なんとかなだめて、肩を貸して、抱きかかえながら家の中に入れた。

その間、腰に廻した手に、肉付きの良い身体の感触が伝わってきて、身体を支えられずに、
ずるずると崩れそうになるのを抱え直してるうちに、腰に廻した手が脇の方まで上がり、胸の感触が…。
制服の上からでも、その大きさには、密かに目をつけていたが、私服のセーターを下から盛り上げてる乳房は、予想以上に大きかった。

どさくさ紛れに、乳房の感触を楽しんでいたが、酔ってる彼女は何の反応もないので、次第に大胆に、胸を揉んだりしていた。
自宅の鍵が探せずに、モタモタしていたので、私がバックの中を探して見つけた鍵で開けたが、その際、中にあった携帯が目についた。

リビングのソファーに座らせ、コートを脱がしてると、
「まだ帰っちゃダメ。ここで二次会する!」
と騒いだが、すぐに寝てしまった。

さっきの乳房の感触が忘れられずに、彼女を起こす振りをしながら、彼女の意識を確認しつつ、乳房を弄んだ。
セーターの中に手を入れ、それでも物足りなくなり、胸の所のボタンを二つ程外してブラウスの中に。

ブラも、掻い潜ろうとしたが、その大きさゆえに、中々上手く行かず、背中のホックを苦労して外し、緩まったブラを掻い潜り、生乳を堪能した。
生涯一番の大きさと感触だった。

同時に、さっき目をつけた携帯を取り、中をチェックしてみた。
アドレスをチェックし、妙にデーター数を消費している画像をチェックしたら、パスワードが掛かっていて、色々試したが、ダメだった。

乳房を揉みながら、彼女に話し掛けてみた。
「大丈夫?家に着いたよ。ん?何?本当に大丈夫?携帯のパスワード言える?」
寝ぼけながらも彼女が答えた数字を入れるとパスワードが解けた。

中の画像には、明らかに彼女が自分撮りしたと分かる、彼女の恥ずかしい写メが多数あった。
自分の携帯に画像をコピーし、更に画像で見た彼女の乳房を直に見たくなり、セーターを捲り上げ、ブラウスをはだけ、
ブラを持ち上げ、生乳を拝見し、その圧倒的存在感に感動しつつ、むしゃぶりついた。

彼女が寝言のように、
「帰っちゃダメ。苦しい脱がして。気持ち良い。もっとぉ。」
などと言い始めたので、一応保全の為に録音した。

ついでに、彼女の恥ずかしい姿を何枚も写した。
パンツを脱がし、性器のアップまで撮り、指でまさぐると、溢れんばかりに濡れてきたので、
とりあえず入れさせて貰おうと、挿入すると、彼女が抱き着いてきて、すぐに抜こうとしていた事など忘れて、ガンガン突いて中に出してしまった。

やばいと思ったが、既に遅く、仕方ないから、彼女の服を脱がし、下着姿にして、寝室まで運んで、ベットに寝かせて、名残惜しかったが帰った。
翌日出社してきた彼女が、おずおずと話し掛けてきた。

「昨日、送ってくれたそうで、すみません。あの…私、覚えていないんですが、何か変な事とか言いましたか?」
と、聞きづらそうに言ってきたので、かなり脚色して、ごねて困らせた事を話した。

帰るな!と騒ぎ、勝手に服を脱ぎ始め、携帯の自分撮りの恥ずかしい写メを見せ、
旦那の不満を愚痴り、触ってよ、揉んでよ、抱いてよと、騒ぎ出して、近所にも聞こえそうな大声で騒いだので、
仕方なく、なだめるように触ったりしてるうちに、やってしまった事を話すと、顔を真っ赤にして、
「ごめんなさい、恥ずかしい、どうしよう、私なんて事を。お願い、この事、誰にも言わないで。」
と言ってきたので、
「秘密は守るよ。俺にも引け目があるし、なんと言っても良かったから。良いスタイルしてるんだね。脱ぐと良く分かったよ。」と。

顔を真っ赤にしながらも、嬉しそうな表情を覗かせたので、
「旦那さんは、今日もいないの?昨日は酔ってたから、素面の状態で、もう一度したいなあ。」
と言うと、瞳を濡らしながら、
「昨日のお詫びもしたいから、良ければ今日来て下さい。」
こんなに上手く行くとは思わなかったので、いつでも冗談に出来るように構えていたんだけど、杞憂に終わった。

その夜、酔ってない彼女と、全裸で縺れ合い、彼女の性欲の激しさ、欲求不満の貯まり具合を体感した。
Hな写メを撮ってやると異常に興奮する性癖も分かったから、これからが楽しみだ。
関連記事