FC2ブログ


社員旅行で3Pに 【殿堂体験談】

kage

2020/03/22 (Sun)

社員旅行で女子社員と4月の上旬に社員旅行がありました。

その時の美味しいハプニング話をしてみたいと思います。

うちの会社は、毎年4月上旬の金・土にかけて社員旅行が行われます。

研修を終えた新入社員も合流し、お偉いさんの長い話を聞かされた後の夜に宴会が行われる、ありきたりのつまらない旅行です。

2人ずつの相部屋になるのですが、自分の営業所の人とペアになれなかった私は、どういうわけか堅い事で有名な本社の経理部の課長と同室でした。

話してみるととても気さくな人で、仕事の時とは全く違う印象を受けました。

宴会も2次会も終わった所で、同僚らはソープへ繰り出す段取りをしてましたが、ちょっと飲みすぎた私は部屋へ帰りました。

部屋には課長も戻ってきており、ベッドで寛いでいました。

饒舌になった課長とバカ話で盛り上がって大声で笑っていると、部屋のチャイムが鳴りました。

同僚が来たかなと思ってドアを開けると、そこには隣の県の営業所の女子社員が立っていました。

彼女は昨年入社の21歳で、菊川玲をもっとソフトにした感じの子で、スタイルも抜群です。

昨年入社の女子社員の中では飛び抜けた存在だったと思います。

黒のフリースに真っ白のジーンズが似合い、時折見える白いブラ紐がそそります。

その子の話では、同室の女の子はもう寝てしまい、同じ営業所の子も疲れたのでどこにも出たくないとかで、退屈して誰か遊びに連れてってくれる人を探していたようです。

それなら取りあえずここで飲み直そうと言って部屋に入れました。

「もー信じられないですよ、せっかく旅行に来てるのに夜遊びしないなんて!!」

と、最初はかなり立腹していましたが、饒舌課長の話にハマった彼女はゲラゲラ笑いつつビールも凄いペースで飲んでいきます。

途中大瓶を3本買いに行きましたが、あっという間に1人で空けるくらいです。

「凄いね、宴会で飲み足りなかった?」

と聞くと、

「だって、男の人の前でガバガバ飲んでたら恥ずかしいでしょ」

と言います。

「俺らは男じゃないのかよ!」

とツッコミながら楽しくやってました。

さすがに3人とも飲み飽きて眠くなって頃、時計に目をやると午前1時です。

「部屋帰らなくて大丈夫?」

と聞くと

「何言ってるんですか、まだこれからですよ!」

と言います。

呆れた課長が

「こんなとこにいつまでも居ると、俺らに犯されちゃうよ?」

と冗談を言いました。

すると彼女は

「うーん2人ならいいかな」

と言いながら、フリースの下の方を捲って

「こんなのってそそります?」

と見せてきたのです。

「課長、こんな事言ってますよ。どうします?」

と課長に聞くと、ポツリと

「やろう」

と言って彼女に飛び掛って行きました。

フリースを剥ぎ取られた彼女は胸元を押さえながら恥ずかしそうにしていましたが、嫌がる素振りは見せません。

私も衝動を押さえ切れずに抱きつこうとすると饒舌課長に

「おまえは後だ!」

と一喝されました。

彼女はあっという間にブラジャーを外され、乳首を吸われながら軽い喘ぎ声を上げていました。

側で見ている私は裸になり、ブラの匂いを嗅いでしごいていました。

課長はおっぱい好きなのか、Cカップ位の乳房にいつまでも食らいついています。

我慢できない私は、椅子に座ったままの2人を何とかベッドに引っ張って行き、

「課長、私はこっちを担当します」

と下半身を脱がせにかかりました。



ジーンズを取ると白いパンティーが現れました。

ブラの時とは違うもっとムラムラくる匂いです。

一気に脱がして濃い気味の陰毛を擦りながら、秘所を見ると確かに濡れています。

舌を這わせ吸ってやると

「あぁもう駄目ー」

と仰け反りだしました。

体勢が変わったせいで私は彼女の後ろに回り込み、上半身を起こさせて後ろから乳房を堪能しました。

課長はというと、腹ばいになり秘所を攻めています。

「3Pはした事あるの?」

と彼女に聞くと、

「こんなの初めて、凄い!」

と切ない声を上げます。

課長が

「どうだ、俺んの凄いだろう」

と言いながら、挿入し始めました。

この課長は

「うりゃ、俺は3日風呂入ってねえぞ」

とか、

「若いのはいい!ちぎれそうだ」

とか、好きな事を言っています。

その後バックに体勢を変えたので、四つん這いになった彼女からフェラしてもらいました。

ちゃんと玉も含んでくれて舌の具合も最高です。

課長は背中に出した後、シャワーを浴びに行ってしまったので、後は私1人で色んな体位で楽しみました。

本当に締まりが良く、遅漏の私でも10分持たなかったです。

課長は

「俺はもう駄目だ」

と言って寝てしまったので、2人でシャワーを浴びました。

しっかりフェラしてもらいながら色々聞いてみると、彼氏は短大時代にいたけどここ1年はいないとの事。

SEXも1年間していないと聞いて、周りの男は何してんだろうと思いながら2回戦に突入です。

課長は寝てるし1回抜いてるので、心置きなく攻められました。

彼女も好き物で、妖艶な表情で3回はイッてたと思います。

デジカメを持ってたのでハメ撮りをしようとしたのですが、それだけは拒否されました。

「何のために撮るの?」

と聞くので、

「自宅で抜く時のおかずに」

と正直に答えると、

「変態だー!でもそんな事しなくても、近くだからいつでも会えるじゃん!」

と言ってくれました。

翌朝、課長はあれからの続きをやたら聞いてきましたが、適当に躱しました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

露天風呂で男たちに 【殿堂体験談】

kage

2020/03/12 (Thu)

彼と温泉に一泊で泊まった時の体験談です。
彼とは5年の付き合いで、それなりにいろいろなHも経験していて今回は温泉で一晩中Hする予定でした。
その為に、彼氏は数日前から一人Hを禁止して性欲を高めていました。
私も丁度生理が終わった後だったのでHしたくてたまりませんでした。
宿は少し遠かったので遅めにチェックインすると、すぐに夕食を食べました。
部屋に入るとお互いに我慢できなくなって抱き合っていやらしく舌を絡ませてキスをしました。
私もすぐに彼のモノを口に含み、中に入れたかったのですが、彼が
「ここまで我慢したんだからもう少し我慢して、温泉を楽しんでから綺麗な身体になって朝までヤリまくろうぜ」
と言うので二人で浴衣に着替えて温泉に入ることにしました。
着替えの最中にも彼はワザと私の身体を触ってきて浴衣の上からバックで腰をフリフリしてきました。
私が
「早く温泉に入ってHしよ。」
と言って彼と廊下に出てお風呂に向かいました。

お風呂は内風呂と少し離れた所に露天があり露天は混浴でした。
「どうする?」
と私が聞くと彼が
「露天で一緒に入ろう」
と言いました。
はじめ混浴というのは不安もあったけど、
「こんな田舎の温泉に誰も入ってこないとよ」
彼が言うし、 せっかくだからと2人で入りたいということで行くことにしました。

少し宿から歩いて夜の8時頃露天につきました。
そこそこ広くて、男女別の脱衣場もあって、雰囲気のよさそうなところでした。
温泉の中は薄暗かったですが、かえって安心しました。
そして、やはり誰もいませんでした。
割と長旅で少し疲れていたこともあって、彼と私はすぐ浴衣を脱いで、温泉につかりました。
誰かに見られそうで露天風呂に二人で入っているのが、ちょっと 恥ずかしかったけど、温泉がとっても気持ちよかったので、 そんな気持ちはすぐに無くなっていきました。
温泉につかってしばらくすると、彼が私の体を触ってきましたが、 私も彼のおちんちんを触ったりキスしたりじゃれあって楽しんでいました。
すると彼がHモードになっちゃって本格的に私の身体を愛撫しはじめました。
私もHを我慢していたので、気持ちよくなっちゃって、抵抗せずに彼の愛撫を受けました。
彼が
「ここでHしよっか?」
と言ってきましたがやはり恥ずかしかった私は
「ダメ、部屋まで我慢して」
と言って何とか彼を我慢させました。

そうして10分くらいたったでしょうか。
向こうの方から話し声が聞こえてきました。
どうやらこちらに近づいてくるようでした。
私は彼に近づいて
「ねえ、誰か来たよ?」
と話し掛けました。
彼は
「ああ、温泉に入りに来たのかもな」
と全然気にしていないようでした。
話し声は明らかに男の人のものだったので、私はドキドキしてきました。
せめてタオルで体を隠そうと立ち上がりかけようとしましたが、すぐに人影が見えたので湯船にもどってしまい、タオルを取ることが出来ませんでした。

「おう、ここだ、ここだ」
浴衣姿の強面の男の人が2人、現れました。
「あ、先客がいるのか」
「ラッキー、女の人もいるんだ~」
と男達が言いました。
お互い軽く挨拶をして、男の人たちは浴衣を脱いで、温泉に入り始めました。
男達は私の体をちらちらと見ていました。
その温泉は湯が透明で明かりに照らされて私のおっぱいはお湯に浮いて乳首以外はほとんど丸見えでした。
男の人たちは小声で
「あのこ、おっぱいでっかいな~」
と言っていました。
ちなみに胸のサイズは92cmのFカップです。
私はタオルも無く温泉から出るに出られず、困りました。
しばらくすると男の一人がお酒の入った瓶とプラスチックのコップを手に私たちに話し掛けてきました。
「ま、どうぞどうぞ、お酒でも」
「あ、すいません」
彼はコップを受け取り、その人が注いだお酒を飲みました。
私も飲めないお酒を勧められて少しだけですが飲みました。
もう一人の男が
「ねえちゃん、お酌してくれない?」
と言いました。
私が彼に
「・・・ダメって言って」
と言うと彼は強面の男達にビビッって断わることができない様子でした。
「なあ、彼氏、ダメかい?」
少しドスのきいた声で男が言うと横の彼が
「ほら、早くお酌しろ」
とせかしました。
私は嫌々腕でおっぱいを隠しましたが、こんな時には大きすぎるおっぱいは半分も隠れません。
私は無理な姿勢で男の側に行こうと歩きだしました。
もう少しで男のそばという所で濡れた岩で足が滑り、ころびそうになりました。
「大丈夫か?」
と男の人たちが私に近寄ろうとしました。
私は
「だいじょうぶです、すこしころんじゃった」
と言いましたが、お酒が回ってたせいか頭がボーっとしてて、すぐにまたクラッときました。
私は体勢を立て直そうとしましたが、ちょっとフラフラしてしまいました。
浴槽の縁の岩に手をかけ身体を起こすとまたクラクラと目眩がして自然に頭が下がりました。
ちょうど四つんばいで頭が下になっていたので、お尻を男達に向ける格好でした。
「ねえちゃん、誘ってるの?」
そう言うと一人の男の人が後ろから覆い被さってきました。
声を上げる間もなく、男の人は後ろから私の胸を揉みはじめました。
やだっ、と声を上げようとした瞬間、彼に触られてピンと立った乳首を思いっきり摘まれ、つい
「ああん!」
と色っぽい声を出してしまいました。
すぐに片方の手がアソコに伸びてきて、クリトリスとその下をなでられました。
しびれるような快感が襲ってきて、私は
「ああんっ!!」
とまたも色っぽい声を 出してしまいました。
彼は私を助けようとせず、お湯に浸かったままでした。
「ねえちゃん、そんな色っぽい声出したら、俺たち我慢できねえよ」
お湯に浸かっている男がいいました。
後ろの男が
「ほら、もう凄い濡れてるよ。ねえちゃん興奮してんでしょ?」
と言いました。
私はまさか”違います、いまさっきまで彼に愛撫されていたから”なんて言えるわけも無く、黙って男の愛撫を受けるしかありませんでした。
男は私のおっぱいを揉みながら
「おっつ、やっぱり、おっぱいでっかいな~」
と言っていました。
彼の方を見ると彼も私を食い入るような目で凝視していました。
そしてなんと、お湯の中の手が股間で動いているようでした・・・。
男は私の首筋を舐めながら、片方の手で乳首をひねり回し、片方の手でクリトリスを 摘み上げたり、こすったりされ、私は体を崩しながら、感じ始めていきました。
Hを我慢していた為に感度が上がっていてこらえきれない体の反応に、抵抗していた力も徐々に抜けていってその男の愛撫に、身をゆだねるようになっていきました。
「俺達と、いいことしようよ、な?な?」
と男が言いました。
ほとんど我慢の限界だった私は”彼も興奮してるみたいだし、彼が止めなから悪いんだ・・・。”と思って、コクンと頷くと、2人はいっせいに私に襲い掛かってきました。

一人(Aさん)は私のアソコをむしゃぶりつき、
一人(Bさん)は私のおっぱいを舐めまわし、
二人は、責める個所を交代しながら、私の体を嬲り続けました。
私は、同時に全身に快感が広がりどこに神経を集中していいかわかりませんでした。
とにかく、アソコ、 おっぱい、乳首、首筋、耳、腋、お尻の穴と絶え間なく責め つづけられているのです。
でも、アソコはやっぱり特別気持ちよくて、クリトリスを吸われたり、お○んこに指が 入ってきたりすると、ひときわ感じて大きい声を出してしまいます。
Aさんは指を二本にしてお○んこの中をかき回しました。
クチュクチュといやらしい音が辺りに響きます。
Aさんが私の上に 乗ってきました。私のアソコを触りながら、
「これなら十分だな、さあ入れるぞ」
と言って、身を乗り出してきます。
そしてAさんはわざと彼氏に向かって私の足を持ち上げ、広げさせました。
このごに及んでも彼氏は止めようともしません。
そして、すぐにAさんのおちんちんが入ってきました。
「あああああああっ!!」
入れられた瞬間、私は彼氏に聞こえるように、ひときわ大きな声を出しました。
ついさっき会ったばかりの名前も知らない男のおちんちんを迎え入れている、そのことだけでも 興奮してどうにかなりそうなのに、Aさんのおちんちんが・・・・すっごく大きくて、アソコがめくれそうな感覚で頭が真っ白になりました。
Aさんは、すごい勢いで私のアソコを突きまくり、おっぱいをもみ、乳首を吸い、 舌を使って、私のを犯していきます。
「ねえちゃんの中、凄い気持ちいいよ。ヌルヌルしてるのに凄い締め付けだ」
あまりのAさんの大きさに私は意識してないのに、Aさんが動くたびに勝手に膣がAさんのおちんちんを締め付けてしまいます。
「ほら、オマンコから音が出るくらい濡れちゃってるよ。音が聞こえるだろ?」
おちんちんが私のアソコにタ出入りする度に、クチャクチャと辺りに音が響きます。
「ああああああっ!!」
私は凄く興奮していました、彼氏の目の前で見知らぬ男に犯されて、しかも彼氏とのHより数段感じている・・・。
そしてすぐに、Aさんの息遣いが荒くなってきました。
「うっ・・、イクぞ、ねえちゃん・・・このまま中に出すぞ!」
さすがに彼氏が
「あ!」
と立ち上がって声を出しました。
そして近寄ってきて
「中は駄目だって!」
と言いました。
でも・・・私も・・・もうすぐイキそうでした。
数日前からの・・・我慢の限界で・・・誰でもいいから、もうそのままイカせて欲しかったんです。
それに私が生で入れられてるのに今まで止めようともしなかった彼氏も悪いんです・・・。
今思い出すと恐ろしいのですが、その時はもう我慢の限界だった私は自分からAさんの腰に足を巻きつけて言いました。
「中で・・そのままイって・・、私も・・私もイクっ・・!!」
すぐに「うっ!、出る・・!」
と言ってAさんの動きが止まり、アソコの中のおちんちんが急にビクッビクッしたかと 思うと、アソコの奥に精液がいっぱいに広がったような感じがしました。
同時に私も頭の中が真っ白になってイキました。
Aさんは何度も中でおちんちんをビクビクさせ、私の中に精液を出していました。
私は足を解くとAさんのお尻に手を当ててAさんの射精を最後まで受け止めました。

チラッと彼氏の方を見ると呆然としているようでした。
そりゃ、目の前で彼女が他の男に中出しされたらショックですよね。
そしてAさんがおちんちんを抜くと中から精液がドロっと出てきました。
そして間を空けずにすぐにBさんが私の上に乗ってきました。
「ねえちゃん、俺バックが好きだから、後ろ向いて」
そういってBさんは私の腰を持ち上げると、ひっくり返しました。
私が四つん這いになると、すぐにBさんはおちんちんを入れてきました。
「!!!イタっ」
アソコにチクッと痛みが走りました。
「痛かった?大丈夫やろ?Aのザーメンでねえちゃんのマンコもドロドロになっとるし・・・。」
後ろを振り返って見るとBさんのおちんちんは彼氏の倍ほどもありました。
「ねえちゃん、こんなデカちんは初めて?」
私は、その言葉を聞いた瞬間凄く恥ずかしくなってしまい、こくりと頷くのが 精一杯でした。
彼氏もBさんのあまりの大きさに愕然としていました。
「かわいいねぇ、じゃあアソコの力を抜いてね・・・」
そういうとBさんはおちんちんをアソコに突き立てました。
少しずつ穴が広がっていくのがわかります。
そして、限界までアソコがひろがり、ピリっとした痛みが来た瞬間、ぬるんと入っていく感覚がありました。
「ほら、カリまで入ったよ。痛くない?」
Bさんが言いました。
私は我慢して首を横に振りました。
「少しずつ入れていくからな」
今度は奥が広がっていく感覚が伝わりました。
そして、またピリっとした痛みが来ましたが、Bさんは、おちんちんを前後に動かしながら、ゆっくり膣内にうずめていきました。
だんだん痛みが無くなってきて、かわりに膣中ががいっぱいに広がる感覚になってきた ところで、動きが止まりました。
「はぁ、全部はいったよ。ねえちゃんのお○んこに俺のデカチンが、全部」とBさん。
彼氏も興味しんしんに聞いてきました
「○○(私)、痛い?どんな感じ」
「痛くない・・けど・・なんか膣内がいっぱいで・・へんな感じ」
彼の前で他の男とHしているのに普通に彼に答えました。
「じゃあ、動かすよ」
ゆっくりと、Bさんのおちんちんが膣内を出入りしていきます。
そして、”ズンッズンッ”って奥に突き上げるように動かすのです。
ズンッと突かれるたび頭に衝撃が走って
「ああっ!」
と声が出てしまいます。
Bさんは
「一突きごとにねえちゃんのオマンコがしまるよ。すごいっ・・」
といいながら ゆっくり何度も私の奥を突き上げました。
私はAさんとのHよりもさらに感じていました。
もう頭の中には彼氏もことなんか考える余裕はありませんでした。
どのくらいBさんに突かれたかわかりませんが私は何度もイッて頭の中が真っ白になりました。
そしてBさんは
「ねえちゃんの中たまんね~よ」
と言うとそのまま彼氏の目の前で私の中に射精しました。
私もかすかな意識の中で自分の膣の中でBさんの大きなおちんちんの先から精液が吹き出すたびに、ぐいっと膣内が広がるのを感じていました。
そして膣内で精液を噴き出しながら暴れるBさんのおちんちんを感じ取りさらに快感を感じました。
肩で息をする私にBさんが
「大丈夫か?彼氏よりよかったろ?」
と聞いてきました。
私は彼を見ずに
「はい、・・・よかったです」
と答えました。
Bさんは私の中からおちんちんを抜くと
「気持ちよかったよ、また頼むわ」
と言ってAさんといっしょにお風呂から上がっていきました。

彼氏は男達が去ると
「お前なに中出しさせてるんだよ」
と少し怒った口調で言いましたが、私が
「止めないからだよ・・」
と言うと何も言い返せませんでした。
そして上がり湯を浴びて部屋に帰る途中、やはりアソコから2人の精液があふれ出してきました。
それがかえって彼氏は興奮したらしく、部屋に着くなり布団に押し倒されてそのまま朝までHに燃えました。
もちろん彼氏も朝までに4回も私の膣内に中出ししました。
関連記事