FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

向かいの奥さん

kage

2018/01/24 (Wed)

僕は22歳の会社員です、地方出身の為、1年程前から関東に上京して一人暮らしをしています
高い家賃は払えないので関東でも田舎寄りのエリアに住んでいます、周りを林に囲まれたボロボロの貸し家なのですが唯一のメリットは道を挟んだ向いに大きな一軒家が建っているのですが、そこの住民がバツイチ子持ちなのですが杉原杏璃似の素敵なママさんが住んでいることでした
小学2年生の娘がいるママさんは今年で30歳になるのですが、見た感じは20代前半に見える若さの持ち主で長身で細身の彼女を僕は毎晩オカズにしていました
しかし一週間前から彼女の姿を見ることが無くなりましたある出来事を堺に彼女は僕の前から姿を消しました
一週間前の朝でした…僕の仕事は接客業の為、平日休みだった為、ゴミを捨てに100メートル程離れたゴミ捨て場にゴミを出しに行きました。
ゴミを出しに行く途中に娘を大通りにある集合場所に送り届けた帰りの彼女とすれ違いました、真冬の朝なのにダウンジャケットと膝丈のデニムのスカートで生足にスニーカーを履く彼女は、すれ違う時に甘酸っぱい香りがして、とてもセクシーでした。
しかし普段と違うのは彼女の背後から見ただけで普通では無い、身長は180cmくらいで体付きのガッシリとした…でも顔は詳しく解らないが…普通では無い表情をした怪しい男が彼女の後ろ姿を舐める様に見ながら尾行していたのです
僕は、あの男…もしかして、ママさんを尾行してるのかな?と考えましたが、白昼堂々と悪事を働く奴は、いないよな…と思いながらゴミを出し終え自分の部屋に戻ろうとしてました。
ママさんの家の前を通り過ぎようとした時だった 彼女の家からガタン!っと物音がした…何かが倒れた様な音だった。
僕は玄関で何か落したのかな…と思ったけど、続け様に「…ぁぁ」と微かだが女性の悲鳴の様な声がした…
普段なら気にしないのですが先程、不審な男とすれ違った矢先なので僕は彼女が心配になり、勝手に門を開けて彼女の家の敷地に入った。
玄関の前まで来たら、家の中から「ちょっと何するのよ」と明らかに普通ではない争っている様な声がした…
僕は試しにインターホーンを押したが、家の中からは「ガタン!ギギギギー」と机か椅子を動かすような音が聞こえていた
僕は、これは…もしかしたら…と思い、玄関の扉のノブを回すと鍵が掛って無かったので恐る恐る家の中を覗いた…
リビングのほうから、「ギギー!」「ガタガタ…」と音して「キャッ!」「やめてよ」と女性の声がする…誰かと争っている様子だ…
僕は静かに玄関を閉めて足音を殺してリビングに近寄ったのだが、リビングの扉の向こうからは「ドンズンズン」と大きな音と振動が響いてきて、「キャァァやめてよ」とママさんの悲鳴が聞こえてきたので、僕は急に恐ろしくなってしまった。
恐ろしさと緊張で僕は腰が抜けてしまった…こんな時に何故と思うのだが、僕は元々苛められっ子なので、怖いのは苦手でした。
でもママさんを助けなくては!と思い、少し開いていたリビングの扉の隙間から中の様子を伺った…一瞬、誰も居ないように見えたが更に扉を開けるとソファーの向こう側から女性の足が見えた…更にソファーの向こうに男性の背中が見えてゴソゴソと動いていた…
扉を開けた為、彼女の叫び声がハッキリと聞こえる…「もういい加減にしなさいよ」と怒鳴り声を彼女は上げていた…
僕の立つ位置からは2人の姿がソファーの影になり良く見えない…
只、獣のような「ヴゥー!ヴゥー!」という男の唸り声と彼女の「ちょっとあぁ!やっ!やぁぁヤメテ~」と叫ぶ声がする。
僕は気配を殺して姿勢を低くして、ゆっくりと室内に入り、ソファーの影から恐る恐る2人が居るほうを見た…
そこには仰向けに倒れたママさんの上に道で、すれ違った男が覆い被さっていた…
彼女の着衣は乱れていてカットソーって服かな?胸元が大きく開いていて前がボタンで止まってる服なのだが、既に伸ばされてボタンも外れていて黒いブラジャーは、ずり上げてられて胸は露になっていた…
激しく争った為か? 彼女は口元と鼻から出血していた
僕の位置からは彼女の下半身は良く見えないがデニムのスカートは捲り上げられていた…下着は履いているのか?脱がされているのか?確認出来なかったが男はズボンを脱いでいて下半身は裸だった。
男が腰を動かすと彼女は足をバタバタとさせて、か細い両手で必死に男を押退けようと抵抗していた
何秒経ったのかな…いや何分経ったのだろうか?
僕は目の前の壮絶な光景に目を奪われていた
彼女も抵抗し疲れたのか徐々に抵抗する力も弱くなり、叫び声も「ハアハア…ヤァ…ハアハア…イヤ…」と苦しそうで小さな声になってしまった
徐々に弱っていく彼女とは反対に男は「ヴ~ヴ~」と叫びながら激しく腰を動かしていた。
彼女は最初は足をバタバタとさせて両手で男を押退けようと抵抗していたが…もう力尽きたみたいで両足はブラブラして男の腰の動きと一緒に揺れているだけで、両手も力が入ってない感じで辛うじて男の胸に手を充てているだけだ。
顔は激しい乱闘の為に赤く上気していて白い頬もピンク色に染まっていた
この時点で僕は完全に覗き魔となっていて、助けるどころか興奮して下半身が硬くなっていた。
やがて男は急に動かなくなった…
すると彼女は突然「ヤッヤッイヤァァァァ」と悲鳴を上げて再び足をバタバタさせて男から離れようと暴れ始めた…
彼女が必死に抵抗した為か、ようやく彼女は男から離れることができた…
彼女から勢い良くモノが抜けた為、男のモノもブルルンと揺れながら彼女から抜けた…
男は少しの間、ボーと彼女を見詰めていた…
彼女は仰向けの状態で両腕を顔の上で交差させて顔を覆い、胸や下半身を露にしたまま動かなかった…
彼女の乳房や太モモは争った為に赤いミミズ腫れが多数残っており痣みたくなって血が滲み出ていた。
仰向けで顔を両腕で覆い隠し鼻からは涙かな?鼻水らしき液を流して声を殺してシクシク泣く彼女を尻目に男はズボンを上げると一人事をブツブツ言いながらリビングから去っていった…
ソファーの影に隠れる僕に気付かない程に陽気な足取りで去っていった…
男が去った後も彼女は仰向けで倒れた状態で「ヴッヴ」と肩で咳きをして泣いていた…
僕は泣いてる彼女に気付かれない内に、こっそりと彼女の家を去った…
その日からだがママさんの家は夜も灯が消えたままで、人の気配がしません。
あの日から一週間経ちましたが彼女は何処へいったのだろうか…
もうあのセクシーな格好のママさんが見られないのが残念です
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック